葛飾区内有数の観光地、柴又のメインストリート、柴又街道沿いに今夏オープンしたお店。
かつては財慶という弁慶系のラーメン店だったりもしたテナントでの居抜きでの営業。

店舗外観は茶色の真新しいテントに描かれた、○の中に宣の屋号が目立ちます。
ちなみに店名は店主の名前っぽい。



2014_12070029

ガラスの引き戸の入り口を入って左脇に小型の券売機のある食券方式。
店内は厨房の前にカウンター席が5席、4人掛けのテーブル席が2つ。


メニュー構成は「豚骨魚介そば」と「つけ麺」が主軸で、「豚骨魚介そば」には「あっさり」と「こってり」の2種あり、それぞれのメニューに特製が存在する感じ。

2014_12070012


券売機脇には、麺の種類(太麺とか中細麺?)とか茹で加減とかがお好みで指定できる旨の表記がありました。


日曜のお昼時に訪問、先客は5割程。


豚骨魚介そば こってり味(750円)を頂きました。


2014_12070016


スープは茶濁の豚骨魚介系。
表層には背脂も浮いて、そして魚粉の存在も。

麺はやや黄味がかった中細ちぢれ麺、茹で加減普通。

具はチャーシュー、味玉、メンマ、海苔、葱。


豚骨由来のトロミというか粘度も若干感じるスープですが、豚骨出汁が出過ぎているという訳ではなく、むしろ魚介系の風味(というか魚粉の存在)が印象に残るかも。

2014_12070017


スープはその他に表層の背脂のコクとか丼の底に沈んでいる感の黒胡椒の風味増しとかでこってり感を演出している感じですが、出汁なのかカエシなのか判りませんが、スープ全体が割と甘めな味付けなんですよねー。

2014_12070023


幸いにも卓上には様々な味変アイテムがあったので活用させて頂きました。


2014_12070011

中細の麺はどこかで出会った感もある麺ですが、割と麺量が多い感じのボリュームが嬉しいですねー。

2014_12070019

具はチャーシューと味玉が印象的。
箸でリフトアップしても型崩れしない感じのチャーシューですが、箸で簡単に切り崩せる程の柔らかさで適度な味付けも良好なジューシーなチャーシュー。

2014_12070021


薄味付けな味玉もスープに浸って更に美味さ倍増な具でした。

2014_12070022

同行のコドモ達にはつけ麺を大盛りにしてシェア。

2014_12070025


麺を大盛りにすると多分400g近くなると思われます。

その他、つけ汁とかその他、具等もおそらく1人分サービスして頂いたのではないかと。
改めて、ありがとうございます。

で、肝心のお味のほうは、正統派の豚骨魚介系。
中太麺のゴワゴワッとした歯応えも良い感じだったので、豚骨魚介そばの太麺変更も良さげな感じっぽいです。


同行の妻は豚骨魚介そばのあっさりを。

2014_12070013


麺とか具の構成はこってりと同じっぽくてスープのみの違いっぽい。
コチラもちょっと頂いたんですが、コチラのほうが更に甘い感じがしますね。


このお店のご主人は、かなりベテランっぽいご高齢な方なんですが、食後にお口直し用のミカンを勧めてきたり、気さくな感じで、とっても居心地良く頂く事が出来ました。
小さいお子さん連れにもお薦めなお店です。

ラーメン / 新柴又駅柴又駅京成高砂駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

めん処 宣 ( 新柴又 / 豚骨ラーメン )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ




 

blogram投票ボタン 

人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。