最寄り駅は小岩なんだろうけど、クルマ訪問だったのでちょっと駅との位置関係は判りませんが、とにかく駅からは結構離れてると思う住宅街の一角のお店。
信州麺友会にも加盟しているBOND OF HEARTS(ボンドオブハーツ)が手がけるお店で、ウチの近所だと亀有の「おとど」のスープとかをこのお店と併設されている工場で作っているとか聞いた事がある。


2014_10260008


このBOND OF HEARTSが手がけてるお店が割と好きなんで、で、このお店も開店当時から気になってて、で、店頭を伺ったりしたんですが、その頃には周辺にコインPがあまりなくて訪問を諦めてたりしたんですよねー。
そんな宿題店、ようやく訪問してまいりました。


2014_10260006

店舗外観は黒地に金の三つ葵が描かれた店舗看板がとにかく目立ちます。


2014_10260030


外の外壁も黒く塗られて奉行所っぽさを演出w。


2014_10260029


入り口の窓から伺い知れるのは少しのカウンター席と券売機だけなのでお店の中の様子が判らない感じ。
入り口入って直ぐ左に券売機のある食券方式。

2014_10260011


券売機の上には黒いダルマ。

2014_10260028


店内はコの字カウンター席10席程。
店舗内装も黒く塗られ、派手な看板と金の小判ステッカーがペタペタと。


2014_10260026


日曜のお昼時に訪問、先客は3名。カウンター内には女性店員さんがワンオペで。


ぬーどる(720円)を頂きました。


2014_10260019


丼が到着してまず目に付くのはメインの具としての山賊揚げ。

なんで山賊揚げかって言うかっていうのは、以前何処かで読んだ受け売りですけど、
鶏を揚げる→取り上げる→強奪する→山賊

みたいな感じらしい。


で、話を戻して山賊揚げですが、その上に自家製のタルタルソースが載せられています。
他の具は炒められたモヤシと玉ねぎ、青葱、刻みニンニク。

まずは具を崩さないようにスープをズズズッと。


2014_10260023


見た目からして濃厚そうな豚骨醤油ですが、塩気がそんなに強くないので意外にまろやかな口当たり。

麺は中太のちぢれ麺で茹で加減は普通〜やや固め。

2014_10260020


麺量200gらしいんですが、モチモチした食感と相まって食べ応えのある麺です。


で山賊揚げなんですが、揚げたて熱々な衣の中にはジューシーな歯応えの鶏肉。


2014_10260024


衣はサックサクの食感で非常に主張の強い具材ですねー。

で、その山賊揚げの上には割と大量のタルタルソース。

玉子の白身の部分が大振りにカットされてたりの、この手作り感満載なタルタルソースですが…
最初こそスープを濁らせないよう細心の注意を払ってましたが、食べ進めていくうちにどうしてもメルトダウンが進行して。
最終的にはスープが白くなるまでにどっぷり浸かっちゃうのも必然。

2014_10260025

山賊揚げはサックサクだった衣が序々にスープを思いっきり吸い込んでヒタヒタな状態に。
で、その状態プラス、刻みニンニクが馴染んでくる味変があるので、なんつーか終盤は色々な物が渾然一体になった一杯にw。

序盤に受けたそれぞれのパートの印象の良さが、終盤にこんなにも印象が変わっちゃってこんなにも重く感じちゃうとは。

こってり感でいったらここ数年で一番ですね。
割と食べ手を選ぶというか、好き嫌いがはっきり分かれそうな1杯でした。

ちなみに同行のコドモ達は、お子様ぬーどるというメニューを頂いたんですけど、このご時勢に50円という破格値での提供なんですねー。

2014_10260014


内訳はぬーどるの縮小版という感じで、このサービスメニューは子連れ訪問派には正直ありがたかったです。


江戸川ヌードル 悪代官
ラーメン / 小岩駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0


江戸川ヌードル 悪代官 ( 小岩 / ラーメン全般 )

★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ




 

blogram投票ボタン 

人気ブログランキングへ 

↑「読んだよー」という確認印代わりにどうぞポチッと。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラもポチッと。