曳船のすずめ食堂へ再訪。


店頭のボードとか

2014_09080002


券売機を前にしたりして


2014_09080003


ちょっと悩んだんですが結局、中華そば(750円)をポチして再食しました(前回の訪問記事はコチラ)。

そういえば季節限定で王様中華そばがリリースされておりました。
私はカップ麺で擬似体験していたので迷いなく敬遠w。
胡椒で辛いの好きなコショラーにお勧めだと思います。

先客との兼ね合いで店頭でちょっと待ちましたが、その時間に食券をスタッフさんが受け取りに来るので、席に案内されてからそんなに待たずに丼到着です。


2014_09080004


スープとか具の構成的に茶色が多くて、なんとなく差し色的な物が欲しいような感じの見た目なんですが、これで良いんですよねー。


2014_09080008


相変わらず、ツルツルとした喉越しの良さと、粉の風味、適度なコシの強さがバランス良しな麺の食感。


2014_09080009


具のチャーシュー2種(豚と鶏)は、今回も豚の出来が良かったですねー。
プルンプルンとしたジューシーさとあ炙りによって得られた香ばしさを併せ持つ良品でした。


もう一つのメインな具、メンマ。

2014_09080007


見た感じ的にも、クラシカルな濃い醤油色の、味付け濃そうな感じなんですけども、これが、ゴリゴリした歯応えの食感とか、スープとの相性も良い味付けとかが好きなんですよねー。

そして個人的に思うに、この1杯の最大の売りはやっぱスープなんですよねー。


2014_09080011


1口頂くと判りやすい位に伝わってくるのは煮干しの風味。
2口、3口とレンゲを口に運ぶと煮干し以外の風味、鶏とかカエシの存在がじんわり効き出してくるんだけど、やっぱりその根底にあるのは圧倒的な煮干しの効力。
エグ味とか苦みまでもを全て含めた煮干しの旨みが丼を支配していて、で、それが続くんですね、スープを飲み干す最後まで。


2014_09080012


丼の底に味のアクセント的に一切れ添えられた柚子片も名脇役。



食べ終わってみれば、提供しているラーメンも接客も、かなり良い感じの前回訪問の印象そのままでした。


ここのお店訪問のおよそ半月前に、伊藤@王子神谷に訪問してたんですけど、煮干しな1杯もそれぞれ個性があって美味しいところ沢山あるんですねー。

ラーメンは割と全般好きなんですが、これまでそんなに場数を踏んでこなかった煮干しな1杯、これからのラーな活動の1つの選択肢にしていこうかな、と。

渡辺美里的に申すと、わかり始めたマイ ニボリューションかな、と。


下町中華そば すずめ食堂 ( 曳舟 / ラーメン全般 )

★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ




 

blogram投票ボタン 

人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。