エースコックの商品でEDGE(エッジ)ってブランドのヤツがあるんですけど。
ちょっと前に焼きそばが出てましたよね、凄ーく辛そうなヤツとか。

で、そんなEDGEのシリーズでバケツ型カップ麺が出てました。

2014_09_20_12_02_25


「カップ麺にも激辛スパイス入れすぎてみた」等という、ちょっとニコニコとかを意識した感じの商品説明というかサブタイトル、割と辛い物好きとしては期待が持てますねー。


作り方は普通のカップ麺と同じなんですけど、ちょっと違うのは液体スープとは別に、スガキヤ製の辛辛魚みたいに激辛スパイスが小袋に入って分けられている感じですかね。

2014_09_20_12_02_35


さて出来上がりを待ってフタを開けます。

で、激辛スパイスなんですけど、こういうのって全部入れた感じが一番自信のある味付けなんですよねー?
という訳で、もちのろん全投入でしょう。


2014_09_20_12_07_18


麺は同社製のスーパーカップみたいな感じの中太でちぢれの強い物。
具材はなんかそぼろみたいな肉の存在が目立ちます。

で、お味のほうなんですが、スープ、これがまた「鬼辛」という看板に偽りなしな激辛具合。
一口啜ると口中に刺すような刺激が走ります。
この辛さがどんどん蓄積されていく感じで、スープを啜るどころか麺を啜るのもちょっと間を置きたくなる感じ。
職場で食べたので平静を装いつつも心の中でヒーヒー言いながらなんとか完食。

スープの辛さが際立っているので、その他の要素(豚骨醤油ベース)とかは微妙にしか感じ取れませんでしたが、とにかく辛い物を食べたいって人には満足感が高いんではないでしょうか。
逆に辛さ耐性のあまりない人は最初から全投入は止めたほうがいいと思う。
私も少しづつ入れとけば良かったなーと、後になって思いましたw。


自分が今まで食べたカップ麺の中では先に記述した辛辛魚に近い辛さ。
これでもうちょいスープにコクがあって、魚介系の風味増しをしたらかなり近い物になると思います。
冬場にしか姿を現さない辛辛魚の代替品としても決して役不足ではない商品でした、いやー、エッジ効いてましたわー。






 

blogram投票ボタン 

人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。