平和橋通り沿い、以前に手打ち麺が売りだった『麺食堂X』があった場所のお店。
地元の人に判りやすく説明すると、あたりばちラーメンの真向かい、角地。


2014_04140036

店舗外観は以前の店舗とは打って変わって赤基調の派手な外観。
ノボリとか店頭に置いてある看板代わりのバイクとかも目を引く感じ。

店内の様子は、基本、以前の店舗と同じようなレイアウトですが、店舗内装も割と派手な感じで、壁一面にメニューの短冊が貼られ、厨房のカウンター上にはプレミア焼酎などの酒瓶が所狭しと置かれています。


2014_04140052


カウンター席が8席ほど、奥に小上がりの座敷席が4席程。
入り口脇に券売機のある食券方式です。

改めて厨房を見ると、割と強面な感じの店主さんが1人。


やっぱイチオシメニューでしょ、って事で坦々麺(800円)のボタンをポチッ。
コドモ達には正油麺(650円)を麺大盛り(150円プラス)でポチッ。


以前にも座ったであろうカウンター左端に座り、目の前の焼酎の瓶を恨めしそうに眺めつつw、


2014_04140039


麺の到着を待ちます。

先にコドモ達の正油麺が到着。

2014_04140040


彩りの綺麗な丼構成ですね。

続いて私(と妻のも)の坦々麺が到着。


2014_04140041


食券渡してからたぶん5分程度と、割と提供が早い印象ですねー。


そんな坦々麺のルックス。
具の構成は肉味噌と葱と桜海老、それにスープの表層を覆う白胡麻と山椒。


2014_04140044


割と具の盛り付けが豪華な正油麺の後の登場という事で具の構成的には正直やや寂しさを覚えるも、その分スープにボリュームが含まれてるんでしょうな。

麺はハーベスト・フード・システム製の中太ちぢれ麺。

2014_04140051


茹で加減もやや固めで、ゴワゴワッとしたコシの強さも感じられて食べ応えのある麺です。

スープは基本、鶏が出ていそうな清湯系なんですけど、大量に投入された粉唐辛子(おそらく)と粉山椒の味付けが非常に利いていて「カラシビ」な味わい。

2014_04140048


飲み進める度に辛さとそして山椒で痺れた舌をへーへー言いつつも、それでもなぜか飲み進めるのを止められなくなる感じに後引くスープなんですが、個人的にはもうちょいスープ全体のコクというか飲み応えが増すともっと好みかなあ、と。

という訳で、痺れた舌的には結局卓上の調味料群はノータッチで。

2014_04140045


スープにライス投入の味わい方もこのお店のガイダンスにありますが、これはちょっと痺れた舌的にはガツンすぎるので止めておきました。

コドモ達にと注文した正油麺のケツモチ(残り物を頂く)をしたところ、じんわりと美味い昔ながらな醤油ラーメンというのを、痺れた舌でも実感出来ました。

徒歩圏にあったら、一品料理をつまみつつ焼酎を飲って、で、〆に麺を頂く使い方が出来るんですけどねー。
近所にあったらかなり嬉しいお店でしょうなー。



2014_04140053


猪八戒NEO ( / ラーメン全般 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ


お店の前の一方通行の道ではこんなイベントが。

2014_04140055


割と賑わっててコインPに入れるのが大変だったけどw、こういう地域活性化に結びつく、地元の人のためのイベントは大事だもんね。




 

blogram投票ボタン 

人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。