前回には夫婦2人での訪問だった亀有の敦ですが(該当記事)、今度は一家で行ってまいりました。

ラーメン激戦区、葛飾区亀有にある、中華そば 敦。


2014_03310021

実は今回初めての試みで、我が家の食育の一環として、コドモ達にも大人同様の物を一人一杯食べさせてみようという事でコチラにおジャマしたんですねー。
そんなデビューに相応しい美味さの敦、訪問したのは月曜の夜、先客は1名。



2014_03310003


こんな感じの店内。
ハンガーかかってる木壁の向こう側が製麺室ね。


前回と同じテーブル席に座り、目の前の券売機で食券を購入。


テーブル席の壁面には前回訪問時と然程変わってない感じのディスプレイがありますが。


2014_03310001


その壁面に貼ってあった雑誌記事から頂いたテーブル画像w。


2014_03310007



その雑誌記事とかサイドメニューとか色々書いてある一番上に、「あきらめねえよ!」タオルが飾ってあった。
前回訪問時もあったのかな。

2014_03310002



さて注文です。

中華そば(650円)を細麺で。
ちなみに私以外はみんな太麺で。

あと、サイドメニューの軟骨と白菜の水餃子(280円)が気になったので頼んでみました。


2014_03310020



麺が到着する前に水餃子が先に到着、皆でつつきます。


2014_03310008

この餃子の皮も自家製なんですかね?非常にモチモチした食感の皮に包まれた餡は、謳い文句通り確かにコリコリシャキシャキな歯応えの餡が印象に残る美味さの1品でした。


2014_03310018


そして麺登場。


2014_03310011


私のは1人だけ細麺だからか皆より先に到着したのでちょっとお先に頂いちゃいます。



麺は若干ウェーブかかってる感じの中細麺。

2014_03310013


スープと具の感じは前回と同じような感じなんですが、頂いてみるとちょっと違うような感じが。
スープは前回同様、鶏の出汁がじんわり利いた滋味深い物なんですが、今日のはちょっとコクが不足してるというか、前回頂いた時はもっと凄かったような…。
この辺りは総天然味を売りにしている部分のブレというか振り幅なのかもね。

具に関して、印象的な2種のメンマは変わらず好印象。
チャーシューは味付けを変えたのかな?八角っぽい下味も感じ取れるような、しっかりとした歯応えを楽しめる感じの肉質の、中心が薄ピンク色のチャーシューなんですが、コチラも以前頂いた時のチャーシューのほうが印象が良かったかも。

で、最後に麺なんですが、

2014_03310014


細麺で注文した麺の印象は、太麺の好印象に比べると素直すぎて然程印象に残らなかったというのが正直なところ。
自家製麺で見た目も味も他の名だたる製麺所の麺と遜色なく提供出来ているという点は評価したいですが、此処はやっぱ、あのプチプチとした独特の食感が心地よい、太麺が一番じゃないかなぁ、と。

なんだかんだと色々うるさく書きましたが、それも初回訪問時の印象がとてもディープインパクトだったからなんですよねー。
高いレベルの美味い一杯を提供しているお店って印象というのは変わらない訳で。


で、コドモ達にも一人一杯頼んだ結果はというと…。
美味い美味いといいつつも、2人とも半分近くを残して、で、妻と2人でケツモチ。
おかげで私は細麺と太麺の両方の美味さを楽しめた訳ですが。

麺を残したムスコですが、スープはグビグビいってました。


2014_03310019


以前は空調の関係でラーメンをズルズルいっている最中もウチワが手放せないほどに「あつし」だった店内、今回は「ちょうどよし」でしたw。
そんな「ちょうどよし」の季節の内にもう一度食べに行きたいお店です。


中華そば 敦 ( / ラーメン全般 )

★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ




 

blogram投票ボタン 

人気ブログランキングへ 

↑今週末の更新意欲に火が着くようなポチを何卒宜しくお願いします!


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張りまーす!