今週月曜日からリリースされた、マルちゃん×BEAMSヌードル部のコラボ商品。
商品名はヌードル部でよろしいですか?(誰に聞いてる)。

そんなヌードル部、ミネストローネ味とクラムチャウダー味の2種があり、今回はクラムチャウダー味を選んでみた。

2014_04_08_12_02_42

BEAMSといえば新婚当初、妻が原宿のBEAMSでお買い物をした時に、かなりの「まいどありー」な接客をされて「もう2度と買わない!」と憤慨した事があって。
その一件があってからBEAMSに対してネガな印象を持っている妻。
それからかなりの年月が経っててもまだそういう話をするので、やっぱり接客って大事だと思うんですよ。今となってはネタみたいな物だけどw。

たぶんこの商品を見ても、またその時の記憶が蘇りそうなので、会社のお昼時に食べましたw。



器の大きさはカップヌードルビッグくらいなんですけど、底の部分はビッグとかよりも幅広な感じ。

麺はよくある平打ちのピロピロとした食感の物。
スープは白濁で、魚介系の旨味と野菜の甘みが売りらしい。

具材はじゃがいもと貝柱風かまぼこ、人参。

これらの具材は割と特徴的。じゃがいもはホクホクとした食感で、人参は短い短冊っぽい感じだけども、ちゃんとそれぞれの野菜の味がする。
貝柱風かまぼこはかなりの貝柱再現度で、かなりの貝柱風エキスが染み込んでいる味付けで、本物の貝柱と錯覚する人もいるかもしれない。

スープは割とあっさりな印象を受けたのだけれども、食べ進める内に序々に味が増してきた。
個人的にカップ麺は食べ進めてる最中にもよーくまぜまぜしながら食べる派なんですが、それでも全て粉末スープが溶けきれなかったような感じ。
この辺りの加減はお湯の温度とかの兼ね合いもあるかもしれないので、食べ始めは充分に「よくまぜ」したほうがいいかもしれない。

そんなスープ、食べる前にはもうちょいドロドロした濃厚なクラムチャウダーっぽさ(貝の旨味っぽさ)を連想していたんだけれども、原材料にアサリとかの貝類の表記がないので、あくまでクラムチャウダー風という事みたい。

結果、どの辺りがBEAMSらしいと言われたら、正直よく判らない。
よく判らないんだけど、ラベルに描かれた水色のマルちゃんはなんとなくお洒落。
そういうパッケージに惹かれて手に取ってる時点で、既にマルちゃん×BEAMSヌードル部にとっては「まいどありー」なのかもしれない。

なんていいつつも、ミネストローネ味も試してみたいっちゃみたいかも。




 

blogram投票ボタン 

人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。