おそらく3月に食べたんだけど、単体で記事にするでもない、というかあんまり膨らまなかったカップ麺のご紹介(あくまで個人的にね)。

・新潟三条カレーラーメン(たぶん200円くらい)。

2014_03_07_12_03_21


サッポロ一番ブランドのサンヨー食品とファミマとのコラボ商品らしい。
で、新潟のご当地麺料理、三条カレーラーメンとの事ですが、実物は未食、なんとなく聞いた事あるかなーという感じ。

で、食べた感想なんですけど、割と普通に食べられるというか、ちょっと麺の印象が違うカップ〇ードルカレーという印象でした。
つまり足すでもなく引くでもない、かなり多くの人が思い浮かべるであろう、安定したカレー味のカップ麺。
それにしても三条市は葵三条系といい、カレーラーメンといい、割とカップ麺の商品化まで辿り着くご当地麺が多いですねー。


・リンガーハットの長崎ちゃんぽん(同じく200円くらい)。

2014_03_12_12_03_17


エースコック製、先に紹介した三条カレーラーメンと同じくらいの大きさ、カップヌードルでいうところのビッグに相当するタテ型カップ麺。

お湯を目分量よりも気持ち少なめにしたんですけど、それでも割とライトであっさりな口当たりのスープは、本家に近い物が再現出来ているかも。
麺はこのタイプにありがちな中太ちぢれなボリュームのある感じの麺で、ちゃんぽん麺とはちょっと違う感じもするけれど、麺との絡みが良いのでコレはコレで良い選択かも。
具材はわざわざパッケにも国産を売りにしている位だけあって、存在感もそれなりの野菜(特にキャベツが目立つ)が乗ります。

で、なんで単体で紹介しなかったかというと、三条カレーラーメンもそうですが、完成品の画像がないと記事にした時にイマイチ弱い感じがしたのと、このちゃんぽんの美味しさも、割と普通に美味いちゃんぽんだったからです。
この位の美味さのちゃんぽんは既に他のコンビ二のPB商品のラインナップで味わっているから、そんなに感動しなかったんですよねー。差別化はボリュームだけのような気がしたというか。

結果、3月に頂いたカップ麺で一番美味いなーと思ったのは、ファミマのPB商品の「中華そば」という結果に。
この商品、残念ながら普通すぎるルックス故に画像ナシなんですけど、青葉を初めて食べた時に抱いたような、豚骨魚介系の美味さみたいな感じ(実際には鶏+魚介系らしいですけど)を受けました。
値段(140円くらい)の割に割と満足度が高くて好印象の商品でした。


何れの商品も機会があったら是非、サクッと食べちゃってみてください!



 

blogram投票ボタン 

人気ブログランキングへ 

↑明日は久々に飲食店ネタを書こうかな、と。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑まあ、寝なかったら、なんですけどね。