未曾有の大震災から今日で3年が経ちました。


3年という節目を迎え全国各地で開催された追悼式典。
現在の被災地の様子。
震災以降カメラに収め続けた被災された方々の様子。

それらを朝から頻繁に目にする番組構成に終始、の1日でした。


関連死まで含めて2万人以上の方が亡くなり、行方の判らない方は2600人以上。
未だ26万人が仮設住宅に住んだり避難生活をしているのが現状だそうです。


2時46分。
あの地震が起きた時間に、すこーしだけ目を閉じ、そして息を止め、心の中で黙祷をしました。
普段はうるさい職場なんですが、その時間だけなんとなく静かになったような感じになったのは、たぶん気のせいじゃないでしょう。


今日、コドモ達にもあの日の事を聞いてみました。
ムスメは割と当時のテレビの映像が強く残っているらしく、今でも震災を連想させるような映像を観るのを嫌がるんですけど、今日はそれらを忘れちゃいけない日っていうのを理解して、テレビ画面を見てました。

ムスコも地震の揺れが続いていたのを記憶しているようで、家の中でも自転車のメットを暫く被らせていたのを覚えてました。


あれから3年、あの年に幼稚園を卒園したムスメはもうじき4年生に、そして幼稚園に入園したムスコはもうすぐ卒園、そして1年生になります。
子供の成長を考えると、3年は早いなーと思うんですけど、被災地復興という点で考えると、テレビ画面から伺える様子だけでもまだまだ…という感じですよね。


3月11日を考えなくても、常日頃震災の事を意識するような習慣がついたつもりでいましたが、やっぱりちょっと、特別な意味合いがありますよね、この日は。


改めて、東日本大震災でお亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈りします。
そして、来年の節目までに、もっと多くの人の身元が判明し、そして多くの人が帰郷出来る事を願っております。