開発著しいTX八潮駅周辺に先月(10月)オープンしたチェーン系ラーメン店。
店舗前には20台近く停められそうな駐車場が。
店舗外観は赤い看板と提灯が印象的。

2013_11250035

魁力屋ってこの辺だと三郷にも在って、で、そちらの評判とかも良く聞いてたりしたんで、コチラの店舗は開店前から気になってたんですけど。
で、開店間もない時には結構な行列が出来ていたのを数回目撃して、こりゃ暫く無理だと諦めていたのですが、我が家が訪問した11月後半の平日の夕飯時には行列は無しでした。


2013_11250020


なので外に置いてある無料のほうじ茶を飲む事も勿論なく店内へ入れましたが、丼の片付けとかでちょっと入り口脇の席に着席。
その間にメニューを見て注文をしました。


店舗内装はこのグループのイメージカラーなのか赤多用のメラミンテーブルとかカウンターとかが目立ちます。
あと、壁に掛けられた「みつお」みたいな感じの格言っぽいヤツとか。


BlogPaint


店内は横に長ーいカウンター席が10席強、小上がりの6人掛けテーブル席が4。
テーブル席に座り、メニューを見てみます。


2013_11250022


まあ、さっき注文しちゃったからただ傍観してるだけなんですけどね。

テーブルの片隅には様々な調味料群と入れ放題な青葱、そして食べ放題なタクアンが。


2013_11250021


マルキン醤油のボトルがある辺りになんとなく拘りが感じられますね。


待つ事数分、先にコドモ達が頼んだお子さまラーメン(190円)が到着。


2013_11250024


これにオモチャが付きます。


2013_11250034


ウチの子達は、ウチのパパはラーメンを頼んだ場合、とても撮影したがるというのを判ってるので、撮影が済むまで手をつけないで待っててくれます。
いつもスイマセンw。


そして自分の頼んだ特製醤油ラーメン(並・650円)も到着。
あ、振り返ると、注文時に麺の硬さ(硬め・普通・柔らかめ)と背脂の量(抜き・少なめ・普通・多め)を聞かれます。
初訪問なので勝手が判らないながらも、なんとなく麺の量は硬め指定、背脂の量は普通が良いかな、と思い、ソレでお願いしました。

そんなラーメン。


2013_11250026


まずはスープをレンゲで一口ズズズッと啜ると、あれれ?なんだろ?どっかで味わったような感じが。
そんな奇妙な既食感を抱きつつ食べ進めていくうちに、その答えが浮かび上がってきました。


2013_11250027


そして同じような感じに捉われていた妻との答え合わせも一致しました。

かつて亀有にあった、今は無き東京ラーメンというお店の味に似てるんですな、このスープが。

まあ、飲み進めていくうちに段々と離れていっちゃったんですけど、最初の3口くらいまでの、背脂由来の甘みと塩分が割と強めなキリッとしたカエシの利かせ具合が合わさった、甘じょっぱい感じ、でも後味が割とさっぱりした口当たりの感じはかなり似ていると思うんですよね。

そんなスープの中の麺はやや黄がかった中細ストレート。

2013_11250028


麺の細さ的にも博多長浜っぽい感じもしますが、加水率が高いようで歯切れよりコシというか細いながらも粘りがある麺です。
ちなみに替え玉の設定はないので量を食べたい人は大盛りにしたほうが良いでしょう。

具はチャーシューが3枚とメンマ、それに葱なんですけど、これらに付いては然程特記すべき点はないかなー、という感じです。
あ、唯一青葱は卓上のイレホと相まって、割と存在感を増しましたが。


終盤にスープがややダレてきた感じがしたので、味変アイテムとして卓上のヤンニンジャン?を投入で辛味付け。


2013_11250032


これはこれで美味しかったけど、刻みニンニクを投入した妻のスープのほうがより美味かった。
そういや東京ラーメンのスープもおろしニンニクが良く合ってたな。

今までこういう駐車場併設のロードサイド系ラーメン店を利用する時には、黄色い看板のお店をよく利用してたんですが、コチラのほうを利用する機会が増えそうです。


2013_11250036

 

ラーメン魁力屋 八潮店 ( / ラーメン全般 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ

 

blogram投票ボタン 

 
人気ブログランキングへ 


↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。