ららぽーと豊洲の1階のフードコートにいつの間にか出店されてたつけめんTETSUでつけ麺を食べてきました。
日曜の11時過ぎの到着で注文待ちの列に先客5名くらい。


2013_11050028

レジ担当の人に注文、食券を貰ったら隣の配膳列に並んで料理の受け渡し。
オペがスムーズなので注文から受け渡しまで5分くらいで済みました。


2013_11050030

麺はやや灰色がかった中太ストレート、断面的には四角でエッジの効いた感じ。
麺の上には貝割れが。

つけ汁は割と濃い目な感じの茶濁豚骨魚介系。
表層には葱とナルトが浮きます。


つけ汁は比重的に動物系な味わいが強いのか、とろーりとした粘度を保っていて、よく麺に絡みます。
ちょっと魚粉が粉っぽいかな、と思う比率ですが、クドさと風味のギリギリな境なのかな。

2013_11050033

麺の量は200gくらい?つけ麺的には少し少なめ、万人の食べきりサイズなんでしょうね。
麺の大盛りはプラス100円、どのくらい増えるんだろ?
コドモ達にと大盛りをシェアさせたんですが気付いた時にはもう麺が減っていたので。


2013_11050034

麺はきっちり水で締められて瑞々しさも感じる物。
茹で加減は普通〜やや固め。


2013_11050036


ツルツルとした食感の麺はコシよりも喉越し重視といった感じ。

つけ汁の底にはチャーシューとメンマ。

2013_11050037


バラチャーシューはホロホロ崩れる感じの柔らかさで、そんなに特徴なし。


気になったのは温度低下。
ある意味避けられないつけ麺の宿命ですが、配膳された時点から湯気があんまり立ち上らない感じの温度で、
水でよく締められた麺をドボドボ浸すと、それはそれは温度急低下する訳で。
終盤はかなりの冷や具合で頂く事になったので、動物系の粘度由来でダルく甘くなっちゃうのも仕方ない。

スープ割りは配膳列脇のポットでセルフサービス。

2013_11050029



おそらくカツオ出汁の割りスープですが、あんまり風味は増幅しなくて、薄味で温かくなった感じ。

全体的な印象としては、まあ、フードコートで提供してる「こんなものか」の範疇と。
最近フードコード内の店舗でも「こんなにレベル高いんだ!」って驚くお店が多かったので、ちょっと期待しすぎちゃってました。
ガンダム的にいうとガンダムに対するジムみたいな、広く普及させて印象薄めになっちゃった感じ。

つけ麺の温度低下対策に焼き石を投入する営業スタイルで、ラーメン業界に文字通り一石を投じたTETSUだけど、
もう、そういう部分よりも回転率のほうが重要になっちゃったのかなー、残念です。


2013_11050039


つけめんTETSU ららぽーと豊洲店 ( / つけ麺 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ


かつて訪問した千駄木のTETSUレポは以下から



blogram投票ボタン 

人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。
久々に20位以内に入れましたねー、ありがとうございます!