スーパーで売ってるパックのシラス、そのシラスの中に混ざっているタコとか小魚とかエビとかカニの幼生とか。

そんな、メインのシラスを差し置いて、時には主役級に躍り出てしまう、シラスの中の小さなモンスター、題してシラッスモンスター、略してシラモンが大好きです。

で、その大好きはウチの子達にも無事に遺伝したようで、スーパーのお魚売り場での品定めは、いかに美味そうなシラスを選ぶよりか、いかにシラモンが混じっているかに重きを置いている訳で。

その日の夕食の卓上に乗ったパックのシラス、「今日も混ざってるの選んだからねー」と得意げにいうコドモ達。

確かに、子供同士がタコの数を競う位に、シラモンの存在が際立つパックだったんですけど、その中に、なんか、藻とか海草とか、とにかく黒っぽくて細長い物があって、それをよくよく見てみると、



タツノオトシゴ



タツノオトシゴだった!


シラモン界では遭遇率がそんなに低くない存在みたいなんですが、個人的には生まれてこのかた出会った事のない、いわばミュウツー並のレアな存在だったので自ずとテンション上がっちゃいました。

まあ、コドモ達は物珍しさというよりも、ちょっと不気味な感じがしたみたいで、いつもは奪い合うシラモンも「どーぞどーぞ」と、ダチョウ倶楽部のように譲り合ってましたw。

で、肝心のお味のほうはというと、これ1匹だけで食べてもやっぱり他のシラモン、タコとか小魚とかと同じくシラス味だったのは言うまでもない。


そんな今回の記事タイトルは最近ウチのムスコが好きではまってるアーケードゲーム、ポケモントレッタからパクりました。
また珍しいのがゲット出来たらシラモンレポートしたいと思います。

 

blogram投票ボタン 

人気ブログランキングへ 

お店訪問の記事の合間の小ネタ的存在な記事だったんですが、残念ながらタイムアップ。お店ネタはまた明日以降書くことにします。
そんな小ネタでも参考になりましたらポチしてくださいませ。