竹の塚駅から程近い、団地の1階部分の商業スペースの一角のお店。
店名の「竹そば」は、竹の塚のそば屋だから竹そばなのか、竹の塚駅の傍(そば)だからかは不明。


2013_08181月1日 0022

お昼時に訪問。
入り口を入ると右側に券売機のある食券方式ですが、色々なボードに書かれてるメニューは、麺メニューも含め現金対応みたいです。

かき揚げそば(400円)の食券を。

さて、店内。
入り口入って正面にカウンターが4席くらい、で、その前が厨房。
で、入り口を背に、左に長くテーブル席主体の飲食スペースが。

別フロアと形容してもいい感じの、ちょっと奥の4人掛けのテーブルに座り、マジマジと店内を観察してみます。

2013_08181月1日 0024


赤と白のチェックのビニールのテーブルクロスが渋い。



壁に貼ってある短冊を見てみると、意外とおつまみ系が多い。


2013_08181月1日 0023


この画像には写ってないんだけどね。でも飲み物のメニューでおおよその察しはつくでしょ。


ってか、周りのお客さんのアルコール摂取率もかなり高いじゃないですか!。


そして、待つこと10分強、丼が到着。


2013_08181月1日 0026


麺は薄グレーな細麺で、歯応えがモッチリモチモチした食感の物。

2013_08181月1日 0027


つゆは割と醤油色濃い目に見えますが、確かにキリっと醤油を効かせてじんわりシイタケ(どんこ?)を感じたり。

かき揚げは玉ねぎ主体で揚げ立てアッツアツ。
恐らくコレを揚げてる時間が提供時間に影響してたんでしょう。
野菜がほとんどの具の構成にはやや寂しい感じもするけど揚げ立てサックサクの食感を楽しめたから良しとしましょう。

メニュー構成的とか雰囲気的にも、純然たる立ち食いそば屋ではなく、どちらかというと何でもござれな居酒屋さんで頂ける「立ち食いそば風のおそば」って感じ。
だから手軽にササッと食べてお店を後にするっていう感じより、何品かアテを楽しんだ昼酒の後の〆で頂くって感じのほうがお店の雰囲気に合うような気がする。
訪れたこの日は気温35度超の猛暑日。クルマ訪問の我が家の隣で、美味しそうにビールをグビグビいっていたオジさんがなんとも羨ましかった訪問でした。

 

blogram投票ボタン 
 
人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。