亀有駅から徒歩5分弱、環七にビミョーに面する差路の一角、居抜きで今春オープンしたお店。
店舗外観は黒塗りの外壁が特徴的ですが、これは以前のお店と同じだったかな。
白くて長い暖簾が印象的です。


2013_08121月1日 0009

店内入り口左脇に券売機の食券方式。


2013_08121月1日 0010



お店に入ってすぐ気付くのは、外から受けるお店のキャパの印象と実際に店内に足を踏み入れた時のギャップ。
およそ半分位に感じるんですけど、これは店舗の半分を製麺機が占有、というか製麺所にしてるからなんでしょうね。
カウンターが5席、4人掛けのテーブル席が1というキャパ。

土曜日のお昼時に訪問、先客は2名。
テーブル席に通され、味玉そば(750円)を注文しました。


2013_08121月1日 0011


テーブルの脇は割と賑やかです。


2013_08121月1日 0012


細麺も始まったみたいです。

で、10分過ぎ位で丼到着。


2013_08121月1日 0015

麺は自家製の中太麺。
スープは濃い目の醤油色。
具は味玉、チャーシュー、メンマ2種、葱、それに味玉。

まずはスープを一口。


2013_08121月1日 0018



最初の口当たりは薄い感じがするけど、後からじんわり染みる感じの無化調、丸鶏と煮干系のスープ。
飲み進める程に酸味と甘味を感じさせるカエシの存在が利いてます。

麺はプチプチと歯切れの良い食感の自家製麺。

2013_08121月1日 0017


粉の風味を感じつつ、歯切れの良さを楽しみながら頂く。
この食感は他ではあんまり味わった事のない感じなので、かなり新鮮でした。

具のチャーシューは何やら厨房からバーナーで炙るような音が聞こえた気がするので、軽く炙ってあるのかな。

2013_08121月1日 0020


脂身の少ない部位でそんなに味付けは濃くない感じ。噛み応えのある茹で加減で麺との対比が面白い。


メンマは穂先メンマと、短め細切りなメンマの2種。


2013_08121月1日 0019


味付けもそれぞれ変えている感じ(穂先は薄味付け、細切りは濃い味付け)で、丼構成的に存在感あり。

味玉はそんなに濃くない味付け。


2013_08121月1日 0016


トッピングとしては及第点。


それはそうと、
ヤバイ、スープを飲み進めるのが止まらない。

最近は色々考えてスープを完飲するのを意図的に避けてたんですが、ここのはどーにもレンゲが止まらない。
煮干だとか鶏だとかカエシだとかの旨味が、飲み進める度にじわりじわりと増幅してる感じ、いや、確実に増えてる。
思えば今日も気温35度超、少々の塩分摂取は必要だし、なによりココのラーメン、総天然味(無化調、無添加、自家製麺)だからいーよね、グビっても。
って事で久々にほぼ完飲。

2013_08121月1日 0021

そんだけ印象良かった「敦」なんですけど、一個だけ難点が。
製麺室との間仕切りを設けたせいなのか、空調の効きが弱く店内がかなり「暑し」なんですよねー。
そのせいなのかテーブルの卓上にはウチワが。


2013_08121月1日 0013


しかもマハラジャのウチワですよ。判る?マハラジャ。


ウチワ片手にラーメン頂いたのは初めてかなw。

この日は夫婦2人での訪問だったんで、涼しい季節になったら今度は家族4人でグビグビしに来たいと思った訪問でした。

中華そば 敦 ( / ラーメン全般 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ

中華そば 敦ラーメン / 亀有駅
昼総合点★★★★ 4.0

 

blogram投票ボタン 
 
人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。