コンフェデ第一戦、開催国であるブラジルとの完全アウェイ戦。
まだ固さの残る試合序盤の3分に、ネイマールのボレーでの失点で眠気がぶっ飛んだ。

後半もイヤな時間帯の3分に失点。緩急をつけられて判断を誤った隙をつかれた。
そしてロスタイム2分、とどめを差された3失点目。

で、雑感です。

日本の、コンパクトな攻撃と守備に対し、ブラジルはピッチ全体を使って、ワイドに攻めてきて、そして守ってる。
ボールキープ力にしろ攻撃へのシフトにしろ、自分のスキルに自信があるから、とりあえず1人でなんとか出来る。
決定的な差は、やっぱ個の強さなんだなー。
ピッチをワイドに使われて、そして自分達のボールキープ時にボールがタッチラインを割る事が無いから、日本は絶えず緊張感の解けない状態。
終始エサを撒かれている、この状態は本当にキツいだろうけど、誰かがミスを恐れないプレーをしないと防戦一方になってしまう。
日本は疲労困憊してましたね。

ブラジルは攻撃にしろ守備にしろ、ガチでしたね。そのガチに対しての日本の戦い方は、やっぱり組織で対抗していって、その中で、個の強さを出して起点を作っていくしかないんだな。

個人的には新さわやかヤクザ、ウッチーがネイマール相手にも遠慮なしにガツガツやっていたのが好感もてました。
それにしてもブラジル、やっぱり強かったなー。ブラジル対イタリアとメキシコも見てみたいなー。