葛飾区堀切が一番盛り上がる季節、6月。

なんでかって言ったら、菖蒲を見に堀切菖蒲園に訪れる人が爆発的に増えるからなんですねー。

そんな、堀切菖蒲園駅から菖蒲園に向かう道すがらに在る、パンを始め和菓子や洋菓子等、様々なオヤツを提供しているお店、ほりぐち。


2013_03101月1日 0012

以前にこのお店のコロッケパンへの思い入れを熱苦しく書いたりしたんですけど【該当記事】、ここ最近、タイミングが悪いのか出くわさないんですよねー、コロパンに。

まあ、そんな時でも「コロッケパン無いのかぁ…」みたいな落胆はあんまりしないで、他の惣菜パンを味わう機会だと気持ち切り替えるんですけどね。


2013_03311月1日 0044

焼きそばパン(160円)

2013_03311月1日 0047

ふんわり柔らかな小振りのコッペに、はみ出さんばかりの焼きそばが。
焼きそばはソース色が濃いけど、そんなに塩気は強くなくて、割と優しい味付け。
パン生地のほんのりとした甘さとふわふわした柔らかな食感。
焼きそばの適度な塩梅、青海苔の風味、そして、それらをピリッと締める紅生姜の酸味。

見た目よりかは意外とボリューム感を感じるかも。


カレーパン(150円)

2013_03311月1日 0049

ほりぐちのカレーパンは2種あるんだけど、これは辛口じゃなくって普通のほう。
パン生地の外側はカリカリじゃなくって適度にシットリ。
ベチャベチャじゃなくって、油切れの良いシットリ加減で柔らかいパン。


2013_03311月1日 0051

その中身はタマネギとかニンジンの存在も感じられる、そんなに緩くない濃い口のカレー餡。
辛さのほうは辛口におまかせ、と言った感じで、小さい子でも食べられるくらいの辛味の利かせ具合。
柔らかくて香ばしさもあるパン生地と、しっかりしたカレー餡の相性が宜しい。

他にもここ最近で定番の品を幾つか食べてるんですけど、残念ながら画像ナシなので説明のほうも端折ります。

で、これが今年の3月、いまのところ最近に食べたコロッケパン。


2013_03101月1日 0014

グローブ型のパンは以前にも増して小振りになって、はみ出さんばかりに収まる少量のキャベツ千切りとコロッケ。


2013_03101月1日 0015


なんとなく、しもぶくれ感伝わる見た目ながらもwフワフワッとした柔らかい食感で、ほんのりとした甘みを感じられる生地。

その生地に挟まれたコロッケ。タネの比重はほとんどマッシュポテトで割と甘めな品だけれども、何とも言えない素朴美味さなんですよねー。


2013_03101月1日 0017

パンの甘さとコロッケの甘さを引き立てるソースの甘辛さ、キャベツ千切りの清々しさ。

やっぱり世界でイチバン好きなコロッケパンですね。

 

これからも第1希望はコロッケパンで間違いないんですが、振られても第2、第3希望があるのがうれしいですねー。

菖蒲園見学のおみやげとしても良いと思います、是非1度試してみて下さい!

ほりぐちベーカリー (パン・サンドイッチ(その他) / 堀切菖蒲園駅堀切駅
昼総合点★★★★★ 5.0

ほりぐちベーカリー ( 堀切菖蒲園 / パン )
★★★★★5.0
supported by ロケタッチグルメ

 

blogram投票ボタン 

 
人気ブログランキングへ 


↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。