前回の記事の続きです。


さて、朝市からの流れで、いか屋さんで軽くオヤツを食べた私達、いよいよ「はらちゃん」の世界を堪能しようと、まず向かった先は城ヶ島大橋。

劇中でもかなりの頻度で登場していた、あの橋です。
実は今回のロケ地巡りの中で、見たかった場所のかなり上位に位置するんですよねー、この橋。
「はらちゃん」を放送していた時期は丁度仕事が激務だった事もあり、画面に映るあの橋を見る度、「あー、あの橋を実際に見れる位に余裕欲しー」なんて思ったりw。

そんな橋が今、目の前に!


2013_05061月1日 0110


やたら釣り客が多かったんだけど。

2013_05061月1日 0112


皆さん優雅な時間の使い方をしてますねー。
あんまり釣れてる感じはしてなかったから余計にね。


2013_05061月1日 0116


画面中央辺りの、対面の埠頭の先端が、劇中でたまちゃんが海に落ちた場所らしい。ソチラにも釣り客が多そうだったので、近寄るのは止めておきました。



2013_05061月1日 0120


真近で見れたんですが、やっぱこの橋良いすねー。今度は通ってみたいなー。


さて、城ヶ島大橋を後にして次に向かうのは、割りと多くのロケ地が集まっている商店街へ。


2013_05061月1日 0121


商店街に入ってすぐにでくわした店舗。
これはロケ地とは関係ないんだけど、この廃れ感がなんとも気になっちゃってつい撮影しちゃった。営業しているかどうかは不明。


で、はらちゃんロケ地。


2013_05061月1日 0123


ひろしが越前さんの漫画を奪って逃亡した階段。


2013_05061月1日 0125


なぜかウチの子達、ダッシュで上までw。

ちなみに上り詰めた先はお寺の敷地内で、一般の人は立ち入り禁止でした。
私達もその入り口手前でUターン。


で、振り返った光景がこんな感じ。

2013_05061月1日 0128


凄く雰囲気のある街並みですよねー。
商店街に入ってまだ十分も経ってない状態でしたが、既にその魅力に惹かれてきちゃいました。



2013_05061月1日 0133


これもロケ地には関係ないけど、とても雰囲気のある駄菓子屋さん。なにより朝の8時台からの開店というのがスゴイ。この時はまだ開店してなかったけど、右隣のおもちゃ屋さんも良い雰囲気でしたよ。


2013_05061月1日 0134


そんな商店街をズンズン進むと。


2013_05061月1日 0135

見えてきた、中華料理ポパイ。

田中が、はらちゃんと越前さんの食事してる場面に遭遇したお店。

店頭には「はらちゃん」のポスターとか、

2013_05061月1日 0136


田中役の丸山くんも絶賛なから揚げとか書いてあったけど、ジャ〇ーズってこういうヤツでも肖像権とかウルサイんじゃなかったっけ?

そんな無粋な心配を余所に、ウチの子達は、「ねえ、ここで食べるの?」とか聞いてきました。だからまだ8時台だというのに。

2013_05061月1日 0138



商店街の交差点にあったお菓子屋さん?の店頭に飾ってあったキャストさん達のサイン。

2013_05061月1日 0140


と、これは何だろ?原画のようにも見えるし、複製のようにも見える。

2013_05061月1日 0141

まあ、とにかく良いモン見させて頂きました。


2013_05061月1日 0143


この商店街、歩いててなぜか落ち着くんですよねー。日曜の朝8時台だからシャッターは当然っちゃ当然なんだけど、それが全然寂しくないっていうか。


2013_05061月1日 0144


劇中で、ひろしが売りさばいた漫画を探しに訪れた本屋さん。


2013_05061月1日 0148


訪れた日は子供の日だったから、鯉のぼりもイイ感じに玄関先にプラーン。


2013_05061月1日 0146


路地裏にはこんな激シブな喫茶店があったり。


2013_05061月1日 0147


ちょっとレトロ感狙っちゃってる、こんなお店があったり。
ちなみにココ、つけ麺を提供してるんですよ。

そんな商店街の奥といっていい場所にある海南神社という名の神社。
劇中で度々登場するんですけど、その中でも特に印象的だったのは、アクマさんがギターを弾いて歌を歌うシーンだったり。

そんなシーンを、ウチのムスメ、自演してみましたw。

BlogPaint


そんな姉の脇で、全然興味ない感がアリアリなムスコw。


※今日で続きを一気に書いちゃおうと思ったんですが無念のタイムアップ…。
再び、続きはまた後日書く事にします、スイマセン。