足立区椿の環七外回りからちょこっと入った住宅街の一角。
正に角地に位置する、歴史を感じる店構えのお蕎麦屋さん。


2013_03211月1日 0026

入り口右脇にガラス貼りの蕎麦打ち台があるのが何気に雰囲気ありますねー。

2013_03211月1日 0009


店内に入ると薄暗い…、いや、照明落し気味という表現のほうが適正か、正面に囲炉裏を囲むようなカウンター席がどれくらいだろ?6、7席位?
その奥にもボックス席っぽいテーブル席の存在が。
で、私らが通されたのは店舗駐車場に隣接する位置の小上がりの座敷席。
2つテーブルがあって、それぞれ4人掛けくらい。

日曜のお昼時に訪問。
で、なんでこのお店を訪れたのかというと、どこかで蕎麦の盛りが良いって評判を目にして、で、積年の宿題になってたのだ。
蕎麦は好きなんだけど、子連れだと敬遠されるお店もあったりもするしね。
でも、ココなら周囲にそんなに気を使わなくて、なにより蕎麦でお腹を満たせそうな感じがしたからなんですよね。

2013_03211月1日 0011


2013_03211月1日 0012



って言ってて、頼んだのはカツ丼セット(1150円)なんですけどね。

同行の妻は種もの、きつねそば。コドモ達には大もりを。

一番先に到着したのはコドモ達の大もり。

2013_03211月1日 0014



これがまた、評判通りの盛りの良さ。
もりそばの大もり指定な訳なんだけど、他店のもりそばの3枚以上は確実にあります。
見た目薄ーい藪色で、かなり太めな感じ。
断面でいうと真四角な、太さが揃った感じで、割とエッジを感じる固めな茹で具合。


2013_03211月1日 0017



食感はコシの強さを感じる歯応えがあって、ボソボソっとした舌触り。
蕎麦の風味は若干弱めな感じがしますが、なにしろ量が量なので、遠慮なく手繰れるのが嬉しいですねー。
もたもたしてると満腹中枢が満たされちゃう、そんな噛み応えと量。

蕎麦つゆは辛い方向性なのでチョン付けで。
ってのが、コドモ達が残した1人前くらいの量を平らげた印象でした。

私の頼んだカツ丼セットもやや遅れて登場。

2013_03211月1日 0018



お盆にお重、サラダ、タクアン、蕎麦つゆ、薬味が載せられた状態で登場。
卓上の薬味ブースに、分離したドレッシングがあって、それがミョーに気になってたんですがコレに使用するんだね。


2013_03211月1日 0019


お重は2段になっていて、1段目にお蕎麦、2段目にカツ丼が。

そばは先に紹介したもりの、たぶん他店でいうところの1枚くらいの量。

2013_03211月1日 0020


さっきのボリュームを目にしちゃった後は、ちょっと貧相に映っちゃうかも。
お味については先に書いたのと同様なので割愛。

カツ丼。


2013_03211月1日 0021


これ、割とというか結構というか、塩気が強いんですねー。

つまりショッパイと。
で、その汁がツユダクでヒタヒタになってるご飯もショッパイ。
玉子とじのカツは歯応えも柔らかくて美味しいんだけど、トータルとしては、ちょっと残念な感じ。
添付のサラダは卓上のドレッシングを利用で頂きます。


2013_03211月1日 0023


自家製とおぼしきドレッシングはレモン風味で後味さっぱりな美味さ。


頂いている最中、ちょっと妻のを頂いたんですけど。


2013_03211月1日 0015


こちらのお汁も種ものなのにショッパさが最初にくるんですねー。
基本、いつもショッパイ方向性の味付けなのかは定かではありませんが、お店の人の体調がちょっと心配になっちゃった訪問でした。

店内いたる処に天狗の姿があるんですが(実は店名にも使われている)、ご主人の趣味だそうです。

2013_03211月1日 0025


2013_03211月1日 0024



『やぶ忠』って屋号で、これまた大盛りな大もりを提供する葛飾区柴又の蕎麦店を知ってるんですけど、なんらかの関連があるんですかねー。


2013_03211月1日 0007


そばをお腹イッパイ食べられるのって嬉しいですよね。

やぶ忠 ( 西新井大師西 / そば )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ

やぶ忠そば(蕎麦) / 西新井大師西駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

 

人気ブログランキングへ 

↑新年度なので、更新をちょっと頑張ってたりします。