カップ麺界の王様、カップヌードルの新しいテイスト、カップヌードルレッドショックが発売されているのは知っていて、で、とりあえず購入したのが先々週かな?

で、買ったはいいが、あんまりカップ麺を食べる機会がなく、ようやく食べたのが今週初め。



レッドショック



なんかー、ブラックみそとかレッドショックとかって今(冬季)限定っぽいじゃないですか。
そんな旬の物、まだコンビニ棚に並んでるのを確認した月曜日なんですけど、これ、賞味期限ギリギリでレビューしても多分ダレも手に入らないぞ(というか誰もその記事食いつかないぞ)、と気付いた訳です。

で、


いつ書くか?

今でしょ


今でしょ!

そんなカップヌードル レッドショック、パッケが赤い理由は激辛チゲ風スープだから。

パッケに踊る文字。


衝撃の辛さ


こんなのとか


注意書き


こんなの見たら、辛ラー(かららーと読む)はテンション上がるでしょうね。


で、お湯投入前。


中


赤み強し、期待持てそう。


お湯入れて3分。いや、2分50秒くらいでフライングゲット。


ラーメンマン




そんなレッドショック、スープの色は確かに赤色が強い。


出来上がり


だけどスープが見えないのは歴代カップヌードルと同様なんですよね。

よーくマゼマゼした後、スープを一口啜ると…、

マゼマゼ


辛さが前面に出てきます。
でも、耐え難い辛さじゃなくて、辛いの苦手な人は頑張れば食べられるレベルで、辛いの耐性出来てる人はもうチョイ辛くてもいーかな、そんな辛味の利かせ具合。
スープの主な味付けは味噌ベースなんだろうけど、味噌を感じさせないで、辛み付けの唐辛子とかニンニクの存在が前面に出ているので、確かにチゲ風な味付けといえば、そう。

麺はいつものピロピロ麺なので割愛。


麺



具は醤油とかに入るポークダイスと、豚肉片みたいのが入ってたけど効果は弱め。

謳い文句の「衝撃の辛さ!まさに「RED SHOCK」」。
個人的には、その衝撃は弱いんですけど、辛さの利かせ具合は、さすがカップ麺界の王者、日清ですよねー。
非常にバランスの良い商品だと思いますが、何処かで食べた事のあるような既食感が漂うのも王者ならではなのかなー。

とにかくこの商品、興味沸いたら


いつ食うか?


今でしょ


今でしょ!

 

このネタ使えるのも今でしょ…




アーマーゾーン!

アマゾン


日清 カップヌードル レッドショック 1箱(20入)日清 カップヌードル レッドショック 1箱(20入)
カップヌードル
販売元:Amazon.co.jp

 
人気ブログランキングへ 


↑明日の朝刊も書こうと思ったんですが、もう眠くて眠くて。
また明日頑張るのでポチのほう宜しくお願いしますね!