以前、大谷田にあった同名店が、そのお店を畳んで北千住進出した後、またこちらに凱旋してきたと。
そんな経緯に気付いたのが数年前。

かつて2階が和民(その後、ステーキけんと変貌)、1階が鬼太郎とかいう名前だったラーメン店。そんなテナントの1階部分の居抜きのお店。
ファミレスっぽい店舗駐車場は各店共通で20台は入るかと。


日月店頭

店舗外観はウッディな感じで明るく、入り易い雰囲気作りがなされてます。


店内の様子は白基調のテーブルとか椅子が存在感ありますね。


壁


調味料群



店内イメージもなんとなく大谷田時代を感じさせる木造りの感じ。



頼んだものは坦々麺(元味)をチョイ辛(780円)で。


メニュー




タンタンメン

麺は中太ちぢれ麺。見た目にも瑞々しさが感じられる黄色の麺。
スープはゴマペーストとラー油が入り混じった感の伝わる、いかにも、な坦々カラーのスープの表層にも白胡麻が浮きます。
具は挽き肉、チンゲンサイ、白髪葱、糸唐辛子。

麺は見た目同様、ツルツルモチモチした食感の喉越しの良い物。
断面で言うと、四角っぽい、多少のエッジを感じる麺。

茹で加減は普通ですが、このスープには相性が良いです。


2012_12241月1日 0055

そのスープ、お店の注意書きで、「麺をあらかた平らげた後にライスを投入しておじやに」的な食べ方を推奨していましたが、それを実行するにはちょっと躊躇するような濃い味のスープ。


タンタンメンのアップ



濃いっていうのはゴマペーストとかラー油とか様々な要素なんだろうけど、ラー油だけじゃないピリピリ感の伝わる、割と押しの強いスープです。

で、チョイ辛指定がその言葉通り、チョイと辛いんですね。
突き刺すような刺激的な辛さではなく、食べ進めていくとジワジワ辛さが伝わってくる感じ。

トータル的な満足度はまあまあでしたが、以前食べた時とはなんだか違う一杯のような感じもしました。



コドモの




コドモ用にとハーフ設定の塩らーめん(400円位)を頼んだんですが、ペロリと平らげてました。
もし次回訪問する機会があったら、コレじゃ全然足らないとか言われるんでしょうねw。

 

中華麺食堂 日月飯店 ( 北綾瀬 / 中華料理その他 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ

 

blogram投票ボタン 
 
人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。