1分で出来るカップ焼そば、日清焼そばU.F.O.1ミニット。



U.F.O. 1ミニット

カップ麺と違いカップ焼そばは湯切りが必要なので、流し台のそばで待たなきゃならない。
そんな待ち時間を少しでも減らす、というのがたぶん、この商品の開発背景みたい。

そんな1ミニット、食べてみました。

パッケージ的にはエースコックのタテ型焼そば、JANJANと同じくらいな感じ。
フタを三分の一ほどめくり、中の液体ソースとふりかけを取り出しお湯を注ぎ、待つ事1分。

出来上がりましたー。



中身

商品の特徴として、「3種の豚肉が入る」っていうのがあるんだけど、パサパサした感じの豚肉片みたいなのとポークダイスしか判らなかった。
その他の具はキャベツ、人参。

麺は湯戻し1分という事でさすがの細麺。感じ的には以前食べた「俺の塩」の麺に似てる。
底のほうに溜まりがちなソースを麺としっかり混ぜ合わせる事で、酸味を利かせたソースが麺に馴染み、中々の美味さ。
量的にはどうなんだろ?外のパッケージから連想していた内容量よりは多く感じたけど、通常のU.F.O.を基本とするなら、昼食にコレ単品は、ちょっとボリューム不足かな。

これをメインと捉えるというよりも、とりあえずの空腹を満たす間食やオヤツ的感覚なのかな〜、と思ったり。

あとこれ、完全に好みの問題なんですけど、カップ焼そばの麺はやっぱ太めのほうが好きですねー。

という訳で3分待てないセッカチな人はコレを試してみる価値があると思うけど、3分待てる環境の人は、やっぱ3分待ったほうが良いと思います、などと食べる前からある程度予測は付いていた結論に達しましたw。

blogram投票ボタン 
 
人気ブログランキングへ 


↑やっぱぺヤングのバランスって凄いなーと改めて思ったり。
そんな今日も変わらぬポチをお願いします!