個人的に、カップ麺メーカーとしての「寿がきやブランド」にはお気に入りの商品が幾つもあって、一目置いているんですが、



2012_07251月1日 0003



このロゴの、スーちゃんの覗き具合がまた良いですよね。



そんな寿がきやの新商品がコンビニに並んでいたので早速試してみた。
商品名は「至極の塩ラーメン」(税込238円)。


2012_07251月1日 0001



なんでも寿がきや食品が創業50周年らしく、その記念で過去の売り上げカップ塩部門歴代1位だった2003年発売の同商品を復活させたらしい。


2012_07251月1日 0005

早速食べてみる。
かやくにワンタン、鶏団子、クコの実、葱があるのが特徴みたい。



2012_07251月1日 0006


あまり美味そうに撮れなくて申し訳ないです…。

麺はノンフライらしく、しっとりとした感じでコシのある感じ。
スープは、これが多分この商品の売りなんでしょうけど、個人的にはちょっとショッパイ。
あと、胡椒の比重なのかな?、あんまし飲みたくない、ちょっと辛い感じ。

で、具のワンタンはまあ良いとして、


2012_07251月1日 0009


鶏団子のパサパサな感じはかなり好み分かれそう。
ちなみに私はダメでした。クコの実についても同感。

スープが凄く出来が良いって訳でもないし、麺も普通で、具のボリュームも貧相。
200円台の塩だったら最近レベルが高いのが出てるしね。

2003年当時のコレが大好きで復活を望んでいた人には申し訳ないけど、個人的には寿がきやのカップ麺で初ガッカリな味でした…。
まあ、私の個人的評価はさておき、寿がきやフリークは是非とも1度試してみてください。

っつーか寿がきやって塩のカップ麺、どんだけ出してたんだろ?そういえばあんまりそのイメージ無いんですけど。

 

 

blogram投票ボタン 
 
人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。