ラーメン二郎をこよなく愛す人々はジロリアン。

それに倣っていうと、
めん処おばたを愛する我が家、オバタリアン。



オバタリアン




……。





そんなのは

イ・ヤ・だ!!

という訳で、勝手ながらオバター(仮)にしておきます。


そんなある日のおばた。



2012_06101月1日 0005

再訪。

訪問前から頼もうと思っていたメニュー、それはラーメン(480円)。

立ち食いそば屋で頂くラーメン。
畑違いなメニューといえど、なぜか幻想を抱かずには居られないのは、このお店の実力の高さを知ってるから。
実際、そばよりもラーメンが売りなお蕎麦屋さんとかあるじゃないすか。

そんな期待を胸に待つ事暫し。

注文の到着を待つ側も、料理を提供する側も、どこかゆったりとしていてセカセカしていないのはこのお店の立地の特殊さ故でしょうな。

5分程で到着。



ラーメン

そのルックス、なんとなくデジャブ。

カテゴリー的には東京醤油。茶澄みの醤油色で表層に若干の油膜のスープ。
上に乗る具はチャーシュー、海苔、メンマ、カマボコ、ワカメ、葱。
麺は中細でやや黄味がかったちぢれ麺。

スープを一口啜ったら、さっき覚えたデジャブな感じの答えが出た。

梅雨時なのに一足お先に夏の海、といった感じの、海の家で頂く、あの一杯に酷似なんですね。

見たわけじゃないからこれはもー勝手な想像なんだけども、お湯で希釈するスープな感じ。


2012_06101月1日 0011




そのスープに沈む麺、これはさすがに製麺所母体のお店らしく、モッチモチでツルツルな喉越し良好な中華麺。


2012_06101月1日 0009



このスープにもドンピシャの相性。美味しい麺です。
上に乗る具の構成、なんとなく立ち食いそば屋感を感じるんですが(ワカメとかカマボコとか)、まあまあ普通。


2012_06101月1日 0012



2012_06101月1日 0008


エクセレントな天ぷらそばと比較した満足度は、やっぱり落ちるんですが、それでも、ワンコイン(500円以下)という観点から考えたら、まあまあ企業努力の感じられる一杯だと思います。

このメニューの評価は★3、お店の総合評価は変わらず★5。

まあ、次は再びそば系食べると思いますけどね。

やっぱ餅は餅屋だね。




オバター(仮)LV2の記事はコチラ

オバター(仮)LV1の記事はコチラ



2012_06101月1日 0003







めん処 おばた ( 南千住 / そば )

★★★★★5.0
supported by ロケタッチグルメ

 

blogram投票ボタン 
 
人気ブログランキングへ 


↑おかげさまで今のポジションに再び定着してきました。ありがとうございます!