生誕から40周年を迎えたカップヌードル。

その40周年を記念して作られたのが巷で話題のカップヌードルキング。

それのシーフードヌードルを食べてみました。



2012_05241月1日 0008


レギュラーのカップヌードルの、およそ1.5倍、隣に並ぶ、ウチのブログの物差し的存在、仮面ライダーズ(今回はフォーゼ、高さ約8センチ)と比べても相当なボリュームのコイツな訳ですが、食べた感想はというと…。

大きさ説明とかは以前に書いた しょうゆの記事を参考にしてもらうとして。

出来上がりの絵ズラ。


2012_05241月1日 0011


具の構成は普通のシーフードと同様な感じながらも、そのサイズもキングに合わせ大振りな物の感じ。


2012_05241月1日 0013


特にカニカマとタコの存在感は割と効いてると思います。


で、食べた感想。
正直、食べる前は、その大きさ故、割と大味(おおあじ)に感じるシーフードかな〜?とか思ってたんですが、これがまあ、当然ながらというか、なんというか。
スープの薄さというか濃さと麺の量、それに具の比重のバランスが丁度良いんですね〜。

歴代カップヌードル群の中でもコアなファンが多いシーフードは、たぶんその辺りのファン層を意識した商品開発がなされた感じが非常に伝わってくる1品でした。
シーフード好きで、レギュラーサイズやビッグじゃちょっと物足りないって方は、1度試す価値ありの、食べ応えある商品です。



2012_05241月1日 0014





以前にも書きましたが、是非ともこのサイズでチリトマト出して欲しいな〜。

 


blogram投票ボタン
 
 
人気ブログランキングへ 


↑私のやる気スイッチ、1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。