浅草の国際通り、千束の五差路の一角、太腕がスパゲティを持ち上げるイラストが印象的な看板のスパゲッティー屋さん。

いつも浅草のウインズ行く度に気になってたお店。

2012_05051月1日 0045

店外に券売機の食券方式。
券売機の脇にはメニューとその商品説明などがボードに。

2012_05051月1日 0044

「ラーメン屋感を意識したお店造り」がコンセプトらしく、スパの量も小から大まで選べたり、トッピングの存在があったりと。
男性店員さん2人での切り盛り。


スパゲッティーの種類は

カルボ(カルボナーラ)、ナポリ(ナポリタン)、ミカド(醤油味の炒めスパ)、ミート(ミートソース)の4種類。

全ての味が同価格。価格は盛り具合で分かれているようで、

小(200g)550円、中(400g)650円、大(600g)750円の三段階の設定。


2012_05051月1日 0035

ミートにも心惹かれましたが、初訪問なので、店名メニューで看板メニューと思われるカルボを大で。
妻はミカドを中で。

店内の様子は、カウンター席的な使い方をしている大テーブル席が5席ほど、その他のテーブル席、4人掛けが×2、2人掛けが1。
店舗内装は白基調のシンプルモダンな内装。席の感覚も広く採られて、そんなに広くない店内でもゆったり寛げる感じ。

卓上にはパルメザンとかオリーブオイルとかの各種調味料。

2012_05051月1日 0036

オーダーから5分チョイ程でカルボが、そしてミカドが到着。

ミカドは、まあ、ちょっと大盛りかな、という盛り具合ですが、

2012_05051月1日 0039

カルボのほうはこんもりと軽くマウンテンになってますw。

2012_05051月1日 0038

そんなカルボ。
盛られたスパの上に、たっぷりの粉チーズが振られています。

2012_05051月1日 0040

トッピングメニューで「塩豚」と表記されているのがたぶんこれじゃないかと思われるベーコンの姿が端々に。
その他の具材は玉ねぎとマッシュルーム。

スパは断面的には丸といった感じの、直径2.2mmくらいありそうな、いわゆるスパゲットーニ(太麺)。
見た目からしてパスタというよりもスパゲッティーという形容が相応しいw。

その太麺の茹で上げ麺を炒めた物で、調理中も「ジュージュー」といい炒め音がしてました。

食感的にはその太さからなるモッチリ感と、気持ち端々に焦げ目が付く位によく炒められた、パリッと香ばしい感が伝わる物。

それに絡めるソースは皿の底にたまっていて、良く混ぜ合わせながら頂きます。
玉子でドロッとさせた感のあるカルボナーラじゃなくて、クリームソースと粉チーズからなる、サラッとした濃厚さ。
ソース自体の塩気はそんなでもないですが、具の塩豚の塩加減はけっこうな物で、それプラス粉チーズの塩加減がソースで中和されてバランスを保っている感じ。
塩豚の食感はちょっと固めのパサパサした感じで、正直そんなに好みじゃなかった。

2012_05051月1日 0042

ソースとスパとの絡みはまあまあ。
終盤はその絡み具合とかで飽きがきましたが、カルボナーラをこの量位で食べると大抵そうなりますからね。

卓上の調味料を足したりの「味変」で、なんなく登頂、いや、完食。

食べ終わってみたら、そのカロリーの高さも気にする事なくサクッと食べられる軽い感じの食感で、美味しく食べ進められたスパでした。


お店訪問時の先客、3才くらいの子を連れたご家族と、0才の赤ちゃんを連れた女性2人組が。

その時のお店の雰囲気的には、ガッツリと大盛りスパを頂くぞ!という、チャレンジ的な感じではなく、美味しいスパを普段使いで頂く、といった感じでした。
その価格設定も嬉しい、下町のロメスパ店です。

2012_05051月1日 0043


スパゲッティストア カルボ ( 浅草(つくばEXP) / パスタ )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ


↑なんかロケタッチグルメ、不調が続いてますね。

↓なのでたまーの食べログってもみました。


スパゲッティストア カルボ パスタ / 浅草駅(つくばEXP)入谷駅浅草駅(東武・都営・メトロ)
昼総合点★★★☆☆ 3.5

 

blogram投票ボタン 
 
人気ブログランキングへ 


↑おかげさまでジワリジワリとランキング上昇中です。引き続きポチして頂けたら嬉しいです。