実はこの記事の続きです。

越後そばを後にした我が家。だけど、なんとなく胃袋のスペースを埋めたい気分。
そんな亀有、オヤツというかサイドメニューもあれこれ選択肢はあるんですが、この日はアリオ亀有にローラが来るというので、周辺道路はリア充ならぬアリ渋(アリオ亀有を目指すクルマで渋滞する事)。

という訳で、エスケープした先は、我が故郷、堀切菖蒲園。

2012_04221月1日 0019

そんな堀切菖蒲園のほりぐちベーカリー。

ここのコロッケパンについて、およそ4年前に、こんな記事を書いたんですが、それの続編というか、まあ、関連記事です。

ほりぐちベーカリー ( 堀切菖蒲園 / パン )
★★★★★5.0
supported by ロケタッチグルメ

店内の商品構成は以前と比べ、アイテム減少で絞った感じがしましたが、いつもショーウインドーの外からチェックする惣菜パンのコーナーは相変わらずの盛り上がり。

その中でも特に気にする場所は、そう、定位置のコロッケパンが並んでいるところなんですね〜。

2012_04221月1日 0018

そんなコロッケパンの後ろ姿を確認後、店内に突入〜、で、ゲットしてきました、コロッケパン。

2012_04221月1日 0022


自身のストックのおよそ4年前のコロッケパンの画像と比較してみると、割と変貌を遂げているんですね〜。

2008_05181月1日 0026

↑こちらが4年前のコロッケパン。

以前はホンの少ししか覗いていなかったコロッケが、おおむね3割ほど出てますw。

以前もグローブ型だったパンの部分なんですが、今回のグローブは具がパンパンではみ出さんばかりのルックスです。
多分、コロッケの大きさは同じ位だと思うので、パンのサイズが変わったんでしょうね〜。


2012_04221月1日 0027

そのパンは相変わらず、ほんのりとした優しい甘さの味わい。
そのパンでがっちりキャッチしているコロッケは、これまた素朴な味わいの優しい甘さ。

姿形は変われど、美味しさは相変わらず。
その見た目から連想して、「堀切のゴールデン・グラブ賞」と、勝手ながら呼んでいこうかな、とw。

個人的には、4年経った今でも、世界で1番好きなコロッケパンです。


その日に他に買ったパン

2012_04221月1日 0021

2012_04221月1日 0023

blogram投票ボタン 

 
人気ブログランキングへ 


↑連食するほどコロッケだいすきなんですよね〜。どうぞポチッと。