江東区の主要幹線道路、四ツ目通り沿いに1昨年オープンした「けいすけグループ」のお店。

店舗外観は「肉そば」と書かれた大きな提灯が目を引きます。

2012_01031月1日 0010

正月三が日の最終日、3日。
昼食難民になりかけた我が家、このお店の前を通ると行列ゼロだったので迷わず行きました。
店舗入り口引き戸を引くと直ぐ右隅に券売機のある食券方式。
店舗は奥に細長い構造でカウンター席が10席程、その前に厨房。

カウンター席の後ろと壁の間はそんなに余裕がないんですが、店員さんの案内でズンズン進むとありました。
お店の一番奥、子連れに優しい小上りの座敷席が。
畳敷きのその空間、テーブル席が4人掛け×3。但し後客への対応を見ていたんですが、座敷の特性を活かしそれより多人数(たとえば7人連れとか)でも対応可能だと思います。

そんな奥座敷の様子は、壁に「けいすけグループ」の他店舗の紹介POPがあったり。

2012_01031月1日 0012

2012_01031月1日 0013

2012_01031月1日 0011

なんつーか、よくある、レトロ感演出系のサッポロビールのポスターとか、そういう演出も、店名(NEW OLD STYLE)になぞらえているのかも。


卓上の調味料はこんな感じ。

2012_01031月1日 0026

肉そば大盛(780円)をお願いしました。

2012_01031月1日 0017

麺は村上朝日製麺製の中太の若干ウェーブのかかった麺。
スープは、見た目真っ黒、色々な人が書かれているように富山ブラックか、竹岡式か?という位に黒々してます。
その表層には適度な油膜が張ります。
具は、やはり「肉そば」を謳うだけあって肉(チャーシュー)のインパクトが大きいですね。
丼の表層をグルッと覆う位に入れられたロースシャーシュー、メンマ、カイワレ、刻み玉葱ボール、おろし生姜。

麺の茹で加減はやや固め。
低めの加水率の関係なのか、時間経過と共にどんどんスープの色(黒)と同化していくように。

2012_01031月1日 0027

そのスープの最初の印象は、

(ん?見た目から受ける印象程しょっぱく無いじゃん!)

具のおろし生姜と刻み玉葱が功を奏し、意外にも食後さっぱりな口当たりなんですね。

2012_01031月1日 0020

だけどその印象は割と早期に変わっていきました…。

2012_01031月1日 0021

食べ進めていくと、やっぱり本来のスープの塩気の強さ(多さ)が目立つようになっていき、それに反比例するかのように玉葱と生姜の爽やかさも序々に沈黙…。

いや、違うな、沈黙したのは玉葱だけで、スープに溶け出した生姜が、どんどんその存在感を増していったんだ。

元々のスープのカエシの力強さと生姜とのコントラストは、個人的にはマイナスに作用して、結果、個人的にクドくなった存在のスープは、あまり飲まないように気を使う食事になりました。

肉の存在。
凄くサービスの良い枚数が入っているんですけど、その肉の旨味が感じられないので正直あまり嬉しくない。

コドモ達にと注文した「お子様らーめん」(正式名称失念アーンド値段もうろ覚え、多分300円台後半)。

2012_01031月1日 0014

スープは、油分の量とか温度とか薬味とか、さすがにオトナのそれとは違ってましたが、それでもショッパーな一杯には違いなかった。

「けいすけグループ」ブランドは、そのメディア露出回数とか店舗出店ペースとかを考えても、間違いなく東京のラーメンシーンの中核を担っていると思うけど、個人的には相性悪いんですよね〜。
残念だけど此処も、私にはノラない一杯でした。

 

New Old Style 肉そばけいすけ ( 住吉(東京) / ラーメン全般 )
★★☆☆☆2.0
powered by livedoor グルメ

 

 

blogram投票ボタン 

 
人気ブログランキングへ 


↑1日1回それぞれポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。