何れの最寄り駅、といっても「最寄りって何処?、優に30分は歩くんですけど…」という嘆きが出るほど苦難な、お店までの道程。
という訳で必然的に地域密着、またはプロドライバーがササッと利用する系の路麺店。

2011_12101月1日 0025

隣のビルに「小幡製麺工業」

2011_12101月1日 0034

という看板があり、これは関連が…と思っていたら、やっぱそうみたい。

店舗外観は、入り口向かって左側にサンプル写真と、今日のおススメのサンプル。
右側に持ち帰りの受け渡しらしきスペースがあります。

店内入って右側に厨房と受け渡しカウンター、それに券売機。
左側にはスツールに座る形での着座スタイル。
全部で20席位だったかな。

2011_12101月1日 0026

2011_12101月1日 0027

土曜日のお昼を少し外した時間に訪問、先客は3名。

天ぷらそば(400円)を頂きました。

2011_12101月1日 0028

そばは自社工場での自家製麺。茹で置きではなく注文の度に茹でるので、提供時間はそれ相当(5分くらい)です。
そばの上に乗る具は、天ぷら(かき揚げ)、ワカメ、かまぼこ、葱。
つゆの第一印象(見た目)は濃すぎず薄すぎず、といった感じ。


そばは白くて長くて細い物。喉越し滑らかでスルスル手繰れます。コシもそばの細さから考えると強いほう。
そばの量は一般的な路麺店と比較して割と多めだと思います。他店のおよそ1.5倍位に感じる程のボリューム感溢れる物。

2011_12101月1日 0030

つゆは割と上品な味。見た目通り、カエシも強すぎず、かといって物足りなさもない、いい塩梅の物。
出汁は鰹節も感じますが、それよりもどんこ(若しくは生椎茸)がよく出ていて、それらの甘さ、この辺りが上品さに拍車をかけているのかも。


2011_12101月1日 0032

具のかき揚げも、単品でご飯の上に乗っけて天つゆ垂らしただけで十分なおかずになる程の実力。
つゆに浸っててもブヨブヨ感は得られないほどにカラッと揚げられてザックザクした食感のクリスピー具合。

おそらく自家工場直営(っつーか隣)だから出来る、その麺のボリュームの良さに、お店のサービス精神並びに「美味い麺だから沢山食べろ!」という心意気を感じたのは言うまでもない。

アクセスがホントに悪いから「駅から歩いて目指せ!」なんて事は言えませんが、車とかバイクの、足がある人だったらわざわざ出向いてもガッカリはしないと思います、お薦め。

2011_12101月1日 0033

めん処 おばた ( 南千住 / そば )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ

 

blogram投票ボタン

↑この辺りでの昼食難民になった際には、再びオバターになりそう。


 人気ブログランキングへ 

↑それにしてもこの辺り、美味そうなお店ばっかなんですよね。