今日、震災後に初めて、大好きな千葉の外房の海を見てきました。



海



判る人にはすぐ判る、この浜は、いつも遊泳禁止エリアで、赤旗はお馴染みなんだけれども、それでもサーファーがいつも波間に漂っていたビーチなんだけれども、今回はその姿はほとんど垣間見えず。ここにも未曾有の大震災の影響があるんでしょうか。

今年は健全な海水浴場でも遊泳禁止にしているところがあると聞きました。

正直、自分も穏やかな気持ちで海を見つめている訳でもなく、むしろ逆、ネガな考えのほうが先立ってしまいます。

海は外房らしく荒々しい波ではあるんだけれども、澄んだ青々しさが奇麗で、なんだかとても感慨深いものでした。