3月11日に起きた未曾有の大震災から2ヵ月。

震災当時、被災地とカウントされた、こちら東京都足立・葛飾区での赤裸々な現状。


スーパー、コンビニの品揃えは、ほぼ震災前と同等と言っていいほどに回復。
タバコ。アルコールも銘柄にこだわらなければ不自由のない状態です。


ガソリンも、あの騒ぎは何だったんだ?と思うくらい、震災前と同じ状態、つまり給油したいタイミングでササッと給油出来る状態です。
ちなみにレギュラーのリッターは150円前後。会員価格で142円辺りが、かなり安い部類です。


私の住んでいる足立区は、東京都23区でも数少ない計画停電実施エリアという事で、個人商店から始まり大手スーパー、コンビニ、外食チェーン等、軒並み計画停電実施時と同じような節電方法(蛍光灯の間引き点灯とか取り外し、消灯等)を継続しています。なので夜にクルマで走っていても、街灯とかも点いていない状態に目が慣れてきました。

消えて思うんですけど、今までが随分と明る過ぎたんですよね、世の中。

個人的には今の状態(世で言う節電モード)をキープしていって、それが定番になってもいいと思います。


テレビの報道の機会。
嫌でも目に飛び込んできた震災直後と違い、最近は割と、自分自身で震災関連の情報を求めなければ入ってこないような感じになってきました。
さすがにNHKは継続的な報道をしていますが、民放各局はどうなんでしょう、例えば誰々が何処かの被災地に慰問、もしくはボランティアに行ったという絵図は良く出ます。

民法の放送スケジュールも震災前と同様な感じで、バラエティも通常通り。
正直なところ、自分もそれらを観て笑ったりしてます。


TVCM。
震災直後は9割超だったACのCM。今は逆に1割も切るような感じに減ってきました。
個人的にはあの、ほのぼのした「ポポポポーン」を聞くと、当時頻繁に発せられてた「テレーン、テレーン…」の緊急地震速報のメロディを思い出すので、段々と良くなってきたと感じてます。


放射性物質。
その数値、気にする人は気にするし、気にしない人は気にしないというのが個人的な印象。
ちなみに私は気にするほうだと思います。



そしていま、自分に出来る事。

いくばくかの募金と気付いた範囲での節約。
ブログを通じて思った事をこうやって発信する事。
それと、未曾有の大震災をわすれない事、勝手に過去の事としない事。

今はそれだけ。
それだけはちゃんと継続していこうと思います。