4月10日(日)

この日は快晴に恵まれて、気温も肌寒さがなく、ようやく春らしい気候になってきた。
そのおかげで、タイミング良く、この辺りも桜が満開になりました。


そんな日曜日、今日はムスコの幼稚園入園式。



ムスコ入園式 3



お遊戯室の中のほぼ同じ場所にて、まだ1才に満たないムスコをダッコしながら立ち続けた、ポカポカ陽気の中で行われたムスメの入園式

いつしか腕の中で寝てしまい、これで大人しくなったと、ひと安心したのも束の間、まるでラッシュ時の千代田線みたいにギュウギュウに詰め込まれた父親群の中で、汗ダクになりながら頑張ってたんですが、もーダメ。

周囲の見知ったパパ達に敗北宣言を告げ、裏口からエスケープ。
ようやく出れた瞬間の爽快感は今でも覚えてるし、当時から割とデカかった故の体重に加え、寝ちゃたら更に倍増したムスコの重さも覚えてるw。

そんな入園式、あの日と逆の立場。

つまり、ムスメは私と、式を見守る側に。
そしてムスコは妻と、入園の祝福を受ける立場に。

そんな逆の立場のムスメ、「暑い〜、暑い〜」と愚痴を言いながら何度も裏口からエスケープしてましたw。


そんなムスメも、ムスコと妻がクラスであれこれ園の説明を受けている最中、廊下で私と過ごしてたんですけど、卒園からおよそ2週間程、ちょっと名残り惜しいような感じなんでしょうね〜、かつて過ごした見慣れた光景を前に、なんとなく寂しいような顔をしてました。


ムスコ入園式 2



これも成長のひとつなんでしょうね。



という訳で、ムスメに次いでムスコも3年間コチラの幼稚園にお世話になる訳ですが、心配せずに預けられるというのが有り難い事です。

どうぞ3年間、宜しくお願い致します。




これで3月下旬からおよそ2週間の間に連続して行われた、

ムスメの卒園式

ムスメの入学式

ムスコの入園式

という、やや慌しいイベントも一区切り(父親的に)。



という訳で、おつかれさまのルービーを頂きに、お店に赴いたんですが、多分同じ考えの方が大勢いらっしゃったんでしょう、「本日はご予約の方で一杯なんです」と、申し訳なさそうにフラれてしまいました。

仕方がないので代替のお店。


ムスコ入園式 1



取り急ぎ飲んじゃったんだけど。


「喜んで!」でお馴染みの、店名にあるように、やるき溢れててもおかしくないお店ながらも、あんまり「やるき」を感じられなかったのは内緒の方向にしなくてもいいかな、と。



blogram投票ボタン 

↑ポチして頂けるとこのブログの「やるき」がたまります。