東京タワーが見たい。


特別なイベントの時とか、何かの折に触れ、私も、私の妻もそう思うのは、やっぱり我が家的にはあの鉄塔がパワースポットなんだろうと思う。
そんな東京タワー、震災からおよそ2週間経った週末に見に行ってきました。

東京タワー 1




既に報道されている通り、最上部、先端のSTアンテナと呼ばれる部分が、地上からでも大きく右に傾いている様が伺えました(駐車場出口付近からの見学なので当然見る場所によって方向は変化します)。



東京タワー 3




判り難い人の為にもうちっと、寄りの画像。




東京タワー 2

余談ですが、この先端部分ってNHKのアナログ放送に利用しているみたいで、正に昼休み時に観ていた会社のNHKのアナログ放送。
男性アナウンサーの喋る語尾に「ツッ…、ツッ…」と、少々耳障りなノイズが入るんですけど、もしかしたらこのせいなんでしょうかね。

そんなタワーの現状、胸が痛むのは当然の事なんですけど、安全上に問題が無ければ現状のまま、つまり曲がったままでもいいんじゃないかな、と個人的には思うんですよ。


多分同じ思いの人も多いんじゃないかと思うんですけど、現在建設中のスカイツリー。こちらはこちらで建設途中ながらも先の震災でもビクともしなかった耐震構造とかで、あの高さでいやはや凄げ〜と思うんですけど、やっぱり団塊ジュニア的には、東京のタワーといったら、東京タワーな訳ですよ。


そんな東京代表の鉄塔、見上げると誰もが判る痛々しい姿……。


この未曾有の震災があった事を後世に伝えていくためにも、震源地から数百キロ離れたこの東京代表の観光スポットの曲がりを直すのは、全部が終わった後、つまり復興支援のめどがついた後にすればいいんじゃないかと。

ちょっと自虐的で、だけど自分の周囲を含めた東京の人間は、よく言えば「切り替えが早く」、悪く言えば「喉もと過ぎれば〜」的な風習があると思うから。

そんな、いつもよりちょっと弱っていたタワーを見上げ、思ったのは、今まで貰った分、返したいな、と。


という訳で、我が家でも出来る事をやっていきたいと思います。