JR両国駅、ガード下のテナントが並ぶドンツキのお店。

2010_10241月1日 0026

店舗外観はメニュー写真等が入り口両脇を固め、アピール度満点。

2010_10241月1日 0024

ガラス引き戸の入り口を入ると左側に券売機、その並びに厨房、その前にカウンター席5席強。
向かって右側にはスツール備え付けの4人掛けのテーブル席が3つ。

休日のチョイ遅めのお昼時に訪問、先客は4名程。

お店イチオシのメニュー、元祖鶏つけそば(550円)の食券をポチっとな。
大盛に増量も無料のようなので、ソチラも増しでお願いしました。

そばは茹で置きではなく、注文を受けてから茹で上げるらしく、3分程で到着。

2005_05251月1日 0005

そばはグレーがかって見た目水気たっぷりな感じの物の上に多目の白胡麻がかかっています。
その脇には刻み海苔、ゆで卵半玉、天ぷら(のようなもの)が添えられています。

つけ汁は見るからに濃そうな醤油色の強いつゆの中に鶏肉がゴロっと、表層には万能葱が浮きます。


「この盛りで大盛りなら普通だとどの位なんだろ〜?」という感じのそばの盛り具合が気になるっちゃ気になるところなんですけど、とりあえず、つけ汁にそばを浸して頂きます。

2010_10241月1日 0022

ん、ん〜?、辛っ!!

どうやらつけ汁が辛いようなんですね〜。

唐辛子系のダイレクトに舌に伝わる系の辛味なんですが、このつけ汁に浸すとそばの味が全くもって判りませんw。


そんなそばをつけ汁に付けずに頂くと、水気の多さを感じるツルツルッとした喉越しの良さと細めながら中々のコシ。
そばの所々に星が見えますが、風味は弱め。

つけ汁の中には辛いつけ汁の味に染み染みになった鶏肉がゴロッとしているのだけれども、コチラは辛さはそんなでもなく。
食べ応えのある適正な量でした。そばの脇に添えられた天ぷら状の物の種は多分玉ねぎなんだろうけど、彩り的にもこれの必要性はあまり感じず。


さて、食べ終えた感想なんですが、

う〜ん…。

味云々よりもまず、つけ汁の辛さについての記述が私の知りうる限り店内、店頭共に見当たらなかったんですよ。
こりゃ〜、大人だったら知らずに食べてちょっとむせて「あ〜びっくり!」と驚いてそれで済む話かもしれませんけど、子連れ派にはちょっと残念な味わい方をせざるを得ない。
子供はそばをつけ汁に付けると辛くて食べられないので、そばをそのまま食べさせた訳で。

元祖と謳う鶏つけそば、お店のイチオシとして「辛味噌つけそば」ってメニューと共に並んでいた次第で。
メニュー名に「辛」って入れているなら当然「あ〜、辛いんだな〜」と思うんでしょうけど、こちらのメニューに関してはそれらの注釈もなくて、到着した時もそれっぽいルックス(真っ赤だったり)じゃない訳ですよ。

その(隠れた)売りである辛味を抑えるとか、はたまた辛味は別添えでお好みで投入して加減、とかっていうのが出来ない、っていうようなお店側の拘りとかはあって然りだと思うんですけど、それをやんわりと「一見さん」にも判るようにした(例えばメニュー表に注記するとか)ほうが、いいんじゃないかな〜と老婆心ながら思います。

このお店、子連れ訪問が割と多いみたいで、私達の時も子供用の取り皿、スプーン、フォークを手馴れたオペレーションで提供して頂きました。
だから余計に残念なんですよね〜。

という訳で味的評価にほとんど触れませんでしたが★は2に近い3という事で察して頂ければ幸いです。

まあ、つけ麺屋さんと勘違いして訪問した私も、自分で自分がかなり残念だったんですけどねw。

 

 

 

かくや ( 両国 / そば )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ