軽井沢にお泊り合宿に行っていた我が家のムスメが無事に帰ってきました。
少しは成長したかな〜、と思いたいところなんですけど、グズグズ我がままを言う感じ辺りは成長してないですね〜w。

ま、元気であればそれで良し!という感じですかね。





さて、梅雨明け前に訪れたラーメンネタです。




土曜日のお昼時に再訪。


くいしんぼ 2

店内満席で数分待った後にテーブル席に通され着席。


前回訪問時に頂いた「味噌ラーメン」が割と印象良かったんですが、この日は梅雨の晴れ間で気温が高い日だったので、「つけ」な気分。
で、大盛りつけ麺(930円)を注文。

あ、あと、ランチタイム無料サービスのライスも。


くいしんぼ 3



さて、大盛りつけ麺。


つけ麺大盛り



麺は断面で説明すると真四角に近い感じの中太のちぢれ麺。


くいしんぼ 6



つけ汁は表層部に白胡麻、葱が浮き、海苔が沈んでます。


くいしんぼ 8



具は麺の脇に添えられたチャーシュー、メンマ。


くいしんぼ 7




事前予想でつけ麺の麺は、通常のラーメンに使用している物と変えて、いかにも西山ライクな黄味の強い平打ちとか太麺とかを想像していたんですけど、
割と見た目普通の麺でちょっと拍子抜け。

西山麺でのつけ麺って、そんなに食べた事ないんですけど、ココのつけ麺、見た目通りの多加水麺で喉越し重視であろう、ツルツルとした食感の麺。
コシは…普通ですね。



くいしんぼ 4


そんな麺に合わせるつけ汁は「これ、昔どっかで食べた事あるな〜」と過去の記憶を辿ってしまうようなオーソドックスなつけ汁。
最近あまり出くわさない、酸味が前面に出たつけ汁なんですね。

例えていうならば、何の変哲も無い町の中華料理屋さんで提供している「ざる中華」名義のつけ汁とか「某○○○大王」とか。

そういう方向性での味付けなつけ汁と麺の相性は割と良しで、そんなに悪くない1杯なんですが、

・大盛り指定なのに大盛り感を感じられない麺の少なさ
・ショバ代がいくらか判らないけど、改めて考えるとメニュー全般が割高
・併設の娯楽施設の影響か店内滞在中つねに煙草のノロシが

という点が気になり、前回評価★4から★3にします。



くいしんぼ 9







blogram投票ボタン


 ↑ポチして頂けるとこのブログの元気玉がたまります。



らーめん喰心坊 ( / ラーメン一般 )

★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ