ブログネタ
2010年南アフリカワールドカップ に参加中!

欧州勢同士、そしてある意味ナイキ対アディダスともいえる南アW杯ファイナル。

ゲーム立ち上がりからボールポゼッションで上回るスペインに対し、なんとか高い位置でのボール奪取を試みるオランダという構図でゲームが進行。

徐々にオランダもマンツーマン気味な守備が実り、幾度のボール奪取からなんとか主導権を奪おうとするもフィニッシュまで至らず。
試合進行の中盤までは両チーム合わせてイエローカード5枚が出る位のやや熱くなっていた展開でしたが25分頃、シャビ・アロンソがデ ヨングに前蹴りされたファールで、両チーム共に「ちょっとクールダウンしようぜ」と抑えた感じでそのまま前半終了。

後半
展開的に前半同様スペインはボールポゼッションを高めてリズムを作り、オランダは中盤でプレッシャーをかけてなんとかボール奪取しようとする展開。
そんな中、オランダにビッグチャンス。中盤のもつれあいから抜け出したロッベンにボールが渡りGKと1対1に。この危機をカシージャス、右足で乗り切る超ファインセーブ。
その後、両チーム共にセットプレー等に得点の機会を得るも結局スコアレスドロー、緊張感の続く90分が終了。

延長
両チーム共に少し疲れが見えるも、集中切らさず緊張感のある試合が続き、このまま延長終了かと思った後半10分、ついに試合が動く。

ゴール前で抜け出したイニエスタが落ち着いてオランダのゴールへ。

世界一のパサーが得た、この1点を守りきったスペインが勝利!。
欧州王者に続き、見事世界王者のタイトルを手に。

で、これから出勤なのでw、簡単に雑感です。
流石に慎重な入り方ながらも、スペインはスナイデル、ロッベンを人数かけて抑えて自分達の持ち味のコンパクトなパスサッカーを実践。
対してオランダはシャビ、イニエスタを人数かけて抑えて自分達の持ち味の、ピッチをワイドに使うサッカーを実践。
両チーム共に、これで今まで勝ち上がってきた自信が伺えるサッカーを展開し続け、W杯ファイナルに相応しい、見応えのあるゲームでした。
お疲れ様でした。