2009_06051月1日 0029


亀有駅北口より徒歩3分程、某漫画と同名ですがあまり所縁のない亀有公園という名の公園の、はす向かいの角地にある立ち食いそばのお店。

 店舗外観は青のテントが印象的。店舗内は角地らしくL字型のカウンターで、席のない立ち食いスタイル。ま、立ち食いそばだから当たり前っちゃ当たり前なんですけど。

スタンディングの収容人数は10人程。カウンターの一角にはガラスケース内に収まった揚げ物類。

平日のお昼時に訪問、先客は3名。

ゲソ天そば(400円)をお願いしました。

丼到着時にお金を渡すキャッシュオンデリバリー式。

 

2009_06051月1日 0030
 

つゆは東京育ちの私でも久々に遭遇した、所謂関東風の黒々したつゆ。

そばは端々に星が見える黒みがかった物。

 
2009_06051月1日 0031

その上に主役でもあるゲソ天、更に上には葱がパラリパラリと。

 

 頂いた感想は…

そばは、歯応えがある太さで、ツルツルッとした食感よりもむしろボソボソッとした印象で、蕎麦粉含有率は割と高いんじゃないかな〜とも思える物。

つゆは見た目から受ける印象程、濃いというか塩気強くはありませんが、それでも出汁よりもカエシの印象が強い物。

ゲソ天は、ぶつ切りの烏賊ゲソがゴロゴロとサックリとした食感の衣に包まれております。

個人的に、立ち食いそばの時の「天」はサックリよりもビタビタのほうが好きなので、丼到着早々に丼の底に沈めましたが(笑)、ゲソの食感も然程硬くなく、量も適正と思える物で美味しいゲソ天でした。

 

 総じて、店舗の味というか、立ち食いそば的雰囲気は間違いなく亀有で一番。

大騒ぎする味ではないですが、店舗周辺のパの付く娯楽施設から流れてくる人々のせっかちな胃袋を満たし続けてきたお店であり、これからもそういう意味で必要なお店でしょうね。

私自身もかつてパチンカーであった当時まだ在学中以来の訪問。流石に当時の味は覚えてないというか、正直味は2の次、手っ取り早く食べられれば何でも良し、という時代背景だったんで(笑)、今回の訪問は新鮮でした。

またそのうち訪れてみたいです。


 店名:鈴しげ

最寄駅:亀有 / 北綾瀬 / 金町

料理:そば / うどん / 定食・食堂

評価:★★★ 一人当たりの支払額(税込み):ランチ1,000円以下

用途:一人ご飯