日本橋蛎殻町、新大橋通り沿いに面した、福岡に本拠地を置く博多ラーメンの支店らしい。

店頭

歌舞伎の隈取(くまどり)がシンボルらしく、暖簾や店舗2階部分にも看板の様に書かれています。

寄りの画像を。

店頭寄り

やたらに重い扉を開けた店内の様子は照明落し気味の薄暗い店内で、夜はバーとしての二毛作も出来そうな感じ。

席はL字カウンターのみ10席強、2階は不明。入り口左脇に券売機のある食券方式。

 雨の降る日曜日のお昼時に訪問、先客は2名。

 らーめん(600円)を注文しました。

 

らーめん

 ものの数分で丼到着。受け皿に載って登場した丼は、かなり小さい印象。

麺はストレートの極細麺。スープは純度100パーセントの白濁豚骨。具はロースチャーシュー、木耳、葱。

頂いた感想は… 麺は茹で加減を聞かれなかったので、お店の基本での提供ですが、まずまずの固茹で加減。

この麺ですが、他の博多系のお店で多く見られるボソボソッとした加水率の低い麺ではなく、多加水っぽい麺で、細いながらもツルツルッとした食感が特徴の、割と個性的な麺です。

そのお陰か粉の風味はあまり感じられませんが、この手のお店で頂く機会があまり無かったタイプの麺だったので新鮮さを感じました。

 スープはお店の触れ込みによると、100%の純豚骨らしいですが、豚骨臭は控え目、乳化控え目のライトな感じ。良くも悪くも独特の臭みを排除して万人に受ける感じのスープ。

具は極々普通。3枚載ってるロースチャーシューは見た目的には効果ありですが、肉厚はハムみたいなペラペラ具合で、噛み応えが感じられないのが残念。その分1枚にしてくれたほうが個人的には嬉しかったり。

全体的な印象としては多分、豚骨がとても苦手な人でも

 

 

なんだか今日はいけるかもしれない〜!

てんしん



と思う位のクセの無さ。

 

という訳で、ポークボーンジャンキー達にはちょっと物足りない一杯かも。 よってこの手のお店の定番、替え玉(130円)は躊躇する事なく止めておきました。

味の評価には関係ないですが、厨房内に男性店員さん1人、フロアというかカウンター席に着席の男性店員さん1人と女性店員さん1人の計3人というスタッフ構成。

出来上がったラーメンをカウンターから直でなく、一度フロアの店員さんに渡してから到着というオペレーションにもチョイ「…?」が生じましたが、それはまだいい。

この3人、これがまたずーっと喋くりまくってる訳ですよ。

で、先客が帰った後に、そのお客達の感想というか印象を話し始めた。
これってどうなんすかね。

 

再訪は…店名の通りしばらく…。

 

スタンプカード


このコメントを読む

店名:しばらく

 最寄駅:水天宮前 / 浜町 / 人形町

料理:博多ラーメン / ラーメン一般 / つけ麺

評価:★★

一人当たりの支払額(税込み):ランチ1,000円以下