8月17日(日)

楽しかった夏休み最終日。当たり前だがとうとうこの日が来てしまった。

昨日は前日のヨコハマトリップの疲れを癒す為に近場で過ごした我が家、夏休み最後とあって、ちょっと何処かに出かけたい気分。

という訳で、ムスメとの夏休みの宿題を片付けついでに環七をひた走る。

要所要所で当たりをつけたお店を巡るも、アタリは無し。

北区辺りで、ふと時刻を見るとお昼時、という訳でご無沙汰のあのお店へ。

 

伊藤店頭

一見じゃ、絶対にラーメン屋と判らない佇まい。しかも注意深く見ないと営業しているのか否かまでも判らない隠れ家感。

そんなお店で頂けるのは、都内最強の煮干系(個人比)。

 

頼んだのは「そば大盛り(700円)」。

 

そば大盛り

相変わらずのスープと麺と少量の薬味のシンプル構成。

待ちきれず、スープを一口啜ると、口一杯に広がるニボシ感。

 

麺アップ

麺も相変わらず粉の風味感じるボソボソ感、スープとの絡みも尚宜し。

 

気付いたらスープ完飲。

キラリ

丼の底にはキラリと光るニボのかけらが。

いかん、これ書いてたら再び口の中がニボに包まれ出してきた。そんな、黄泉がえり、ツボに嵌った人間には当たり前ではないかと。

久々に訪問したんですけど、待ち客ゼロ。余裕のある訪問で良かった。

そんな伊藤、既に一日経過していますが夏休み情報。

 

伊藤の夏休み

 

このシンプルな告知にさえ、テレ屋な親父さんの職人魂を感じます。

そんな伊藤を満足げに後にし、宿題の目的を探す旅は、

浅草

(伊藤のある)王子から浅草、それから浜松町辺りに向かい東京タワーでUターン。ウロウロした結果、保険のあった亀戸サンストリートに到着。

 

亀戸サンストリート

その宿題とは、ポップコーンの自販機。

これが探すと中々ないんです。

「なんでそんな物を?」と聞かれたら、「ムスメが食べたいから」と答える親バカっぷり。深い理由を書くと長くなるのでハショりますけど、ちょっと我慢させ続けていた罪滅ぼしなんですよ。

そんなポップコーンをゲット出来たムスメは大喜び。そしてパクパクと平らげた後は納得いったのかすぐに就寝。

寄り道をしようかとも思いましたが、雨脚はどんどん強くなるばかり。結局そのまま帰宅。で、夏休み終了。

 

入りかたから予定が大幅に崩れた夏休みでしたが、いきなりの行動開始もヨミが当たって然程渋滞にあたらず、ストレスフリーで過ごせた、まずまずの夏休みでした。