十条駅から徒歩5分程、環七と交差する通り沿いのラーメン屋さん。
店主は『ひるがお』出身という経歴の持ち主。
それ故か花の名前を店名繋がりが面白かったり。

店舗外観は板張りで落ち着いた雰囲気。周囲に溶け込んでいて、車だと見落とし気味な感じ。今回は店頭写真は取り忘れ。やっぱ食後は物忘れ激しいな〜(笑)。


店内の様子は入口左脇に券売機の食券制、L字カウンター8席、照明は落とし気味。

メニュー構成は、ラーメンは、濃厚醤油らーめん、淡麗醤油らーめん、濃厚節醤油らーめん、清涼塩らーめんという構成。
それに元祖つけめん、八香味つけめん、特濃醤油つけめんのつけめん類のラインナップ。
これに各種トッピング類、御飯物も有り。

メニュー

 

 

 

日曜日の午後2時頃に訪問、先客は無し。
券売機の「淡麗醤油らーめん」には売り切れの札が。

私は濃厚節醤油らーめん(700円)、同行のヨメは濃厚醤油らーめん(600円)を頂きました。

濃厚節醤油

 

 

 

 

 

 

麺は黄色が強い平打ちの中細ちぢれ麺、茹で加減普通。
スープは淡い醤油色の茶濁。表面に若干の油。
具はチャーシュー、メンマ、葱。

濃厚醤油のスープは動物系と甲殻類を合わせた出汁と、魚介系との合わせ出汁らしいですが、
濃厚節醤油は、これプラス鰹節出汁を更に強調した物らしい。
もはやダブルだのトリプルだののカテゴリーに当てはまらないかも。

まず最初にスープを頂くと、最初にくるのは強い魚介系の味と香り。
次に、作り始めにバーナーで炙っていたチャーシューからくる香ばしさ。
豚骨と思われる動物系の比重は弱め、終盤に甲殻類の存在を僅かながら感じますが、
なんといっても魚介系の強さが断トツ。
丼の底にも沈んでいた節粉の存在が示す様に、最後まで圧倒的なまでの魚々感の風味が続きます。
ヨメの食べた濃厚醤油と見比べると、表層の油分に大きな違いが。

麺は平打ちで多可水らしく、ツルツルッとした食感の物。喉越しの良さが光りますが、量はやや少なく感じました。

炙りチャーシューは齧り付いてビックリ。どうやらタンを使用している様で。
炙りというか、むしろ燻された物のようなスモーキー具合で、スープに効果的な香ばしさをもたらしています。

正直パッと見、寂しいドンブリ内容に感じましたが、食べてみたら納得。
スープに大変手間暇かけてるなぁ〜、といった印象の内容でした。

無化調故、食後の後味もさっぱりなんですけど、これ書いてると味が蘇るというか、また食べたくなってきました(笑)。

ミスチル風に言うと、真冬のヒマワリの様に鮮やかに揺れてた一杯でした。お勧め。

麺屋 向日葵
最寄駅:十条
料理:ラーメン一般 / つけ麺
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食

で、十条といえばココを忘れちゃいけません、と言うか寄らないと暫く後悔しちゃうに違いない、お馴染み蒲田屋。

蒲田屋

 

 

 

午後3時過ぎの訪問だったのでネタは数少な目でしたが、赤飯、白身魚フライ、イカ天、シャケをゲット。あと、のし餅。今回で20種は超えたかな〜。フルコンプまではまだまだ。つーか、何十種類あるんだろ。