昨年オープン、今足立区で最も話題のスポット「アリオ西新井」のフードコート内の一角で、『キムカツ』が母体のサンドイッチ専門店。

お店

 

 

 

 





店舗の様子は赤いバスをモチーフにした外観で、ガラスケースにはまるでスイーツの様にサンドイッチが陳列されています。
販売専門店ですが店舗前やその周辺にイートインスペースがあり、その場で食べる事も可能。

主力商品は勿論サンドイッチ。
キムカツと言えば、のミルフィーユカツをベースにした「キムカツさんど」という商品が3種(プレーン、粒マスタード、チーズ)に、メンチカツサンド等の揚げ物系、更に「季節のフルーツ」等の、いわばデザート感覚で頂けるサンドイッチという商品構成。
その他にワンプレートのご飯物、チャウダー等のサイドオーダーもあり。

今回は、いわば王道(?)のキムカツさんどのプレーン(450円)を購入。

キムカツさんど

 

 

 

 





店頭で見た時から思っていたんですけど、家に帰ってから改めて見てみると、その大きさ(小ささ)に感心というか…。
5センチ角のキューブ型のサンドイッチが2個、店舗イメージに繋がる赤いバスを模した紙皿に乗っています。

早速頂くと、パンの部分もフワフワ、カツもフワフワ。
カツの部分は、ミルフィーユカツの最大の売りであろう、噛み応えの柔らかさは確かに感じますが、


アップ

 


 

 





その微量故、肉々しさ、ジューシーさはほとんど感じられず。
冷めてるのが前提の提供なんでしょうけど、温め直したほうが肉の旨味が出るかも。
いかんせん小粒過ぎて有り難みが判らないのが正直なところです。

(ケータイとの比較写真)


比較

 

 

 

 






2口で平らげました(笑)。

その強気の値段設定からも、なんかカツサンドというよりも、高級菓子みたいな印象。
ここで空腹を満たすには、恐らくメインターゲットであろう女性でもお金かかるんじゃないかな〜(笑)。

 

 

ペジテのアスベルの名言、

腐海の底

 

 

 

 

「味はともかく、長靴一杯食べたいよ」

という言葉を思い出しました。

 

キムカツのブランチ

最寄駅:西新井 / 大師前
料理:サンドイッチ
採点:★★☆☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食