本当は根津に用事があったこの日、課題店に辿り着くも、既に売り切れ&閉店。
なので、この辺りで脳内検索をかけたら、本郷3丁目付近がヒット。

そう、本郷3丁目付近。気にしない人は全く気にしないだろうけど、個人的には魅力的な未訪問店、新店が多い街なのだ。


以前勤務していたというのもあるけど、この辺り、割と好きなんですよ。町並みも素晴らしいし。
特に東京ドーム寄り、大衆旅館が立ち並ぶ辺りは、かなりの風情を感じられてお気に入りのエリアです。

そんな本郷3丁目付近、案の定というか、またしてもというか、目当てのお店はシャッター…。
次に目指したお店も中休み(昼営業と夜営業の間)。
という事で、このお店もかねてより課題店であった

「つけ麺 柾木」を訪問しました。

2007_06301月1日 0005


本郷通り沿いのつけ麺が売りのお店。
店内の様子は、引き戸の入り口を入り、右側に券売機。
奥に細長いI型カウンター10席程。
和を意識した小綺麗な内装、壁は木造り、ちょっと照明落とし気味。
土曜日の2時位に訪問、先客は1名。

 

 2007_06301月1日 0008


醤油つけ麺680円を注文しました。
ちなみに通常注文の麺の量は300g、大盛り(450g)は自己申告制で追加料金無しで注文可です。
折角なので大盛り指定でお願いしました。

 

2007_06301月1日 0010

 
麺は中太若干ちぢれのストレート麺、クリーム色で、断面は四角に感じる位のエッジの立ち具合。
湯切りがしっかりしているのか、水気は少なめな見た目、茹で加減は普通。

 


2007_06301月1日 0009


つけ汁は豚骨やら魚介系のミクスチャーな濃い茶濁。
表面に軽く油、一味が浮き、見るからに濃厚そうなつけ汁です。
具は細切りチャーシュー、メンマ、海苔、葱。
 


頂いた感想は、見た目よりも水気を感じるモチモチ、ツルツル具合で喉越しも良好です。
つけ汁は甘、辛、酸で言えば最初に甘さ、次に辛さを感じます。
酸味は抑え目、魚介系の風味も食べてる最中、所々に顔を出す感じの風味の出具合。

当たり前と言えば当たり前ですが、つけ汁は300g程を平らげる頃にはかなりの温度低下。
すると更に甘さが立ち、個人的には正直ちょっとクドくなっちゃったりして。

訪問前にキャスバル坊やさんの記事を復習(あつもり注文可)しておけばよかったな〜と、家に帰ってきてから気付きました。
あつもりだとまた違った印象になるでしょうね、このつけ汁。

麺は450gというボリュームを感じさせない位、スルスル〜と入っちゃう、重くない麺でした。
ガッツリ食べたい人には麺増量は嬉しいサービスですね。

店主は高田馬場大勝軒出身らしいですが、個人的には大勝軒らしさよりも、別系統の『やすべえ』系に似ているな〜と感じました。

 

つけ麺 柾木
最寄駅:本郷三丁目
料理:つけ麺 / 醤油ラーメン / 塩ラーメン
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食