三都屋







かつてラーメン激戦区と言われた事もある小岩周辺、蔵前橋通り下り沿いに面したお店です。 
 
休日の1時過ぎに訪問、先客は満員。

 


待っている間にメニューチェック。

 

メニュー

 

 












とは言っても、事前につけめんモードだったんで麺の量チェックと餃子チェックしただけですね。

 

 

 

5分程待ち店内へ。
店内の様子は入り口右脇に券売機。L字カウンター10席程、テーブル席8席程。


つけめん(大、300g)750円と餃子(5個)280円を頂きました。

先に餃子到着。

餃子

 








やや小振りですが野菜の甘みが出ていて美味しい物でした。

 

 

で、つけめん。

3a99fb06711fb30c-o

麺

 








麺は太ちぢれ麺、茹で加減普通。麺の上には刻み海苔。

 



つけ汁







つけ汁は見た目からして濃厚そうな豚骨、魚介系のWスープ。表面からも粘度の高さと魚粉が見てとれます。
具は刻みチャーシュー、メンマ、ホウレン草。

 


 つけ汁はどちらかというと魚介を強く感じる、甘さ、酸味少なめの物。見た目からのトロトロ具合はそのものズバリ。
麺との絡みも良好で、麺がスープをかなり持ち上げますね〜。
魚粉がかなり効いていて、ちょっとザラザラ感を感じる位。
麺は水気は多くないけど、粉の風味も感じられる喉越しの良い物。
300gでもかなりのボリューム感。

食後のスープ割りは店員さんがポットを持ってきてテーブル上でドボドボと。
スープ割りしたら魚介の風味が増幅。というか、スープ比率が多くて薄まりすぎ。
魚々しちゃって全部は飲めませんでした。

麺のボリュームを感じながら、飽きのこないつけ汁で一気に平らげられる美味しい一杯でした。

正直オペレーションはスムーズとは言えません。丼提供も20分強。厨房を見ていると、なんというか、とても慌ててらっしゃる感じが伝わってくるんですよね。
もっと上手くやればお客の回転も良くなるのになぁ〜という印象を受けました。

食べ終わる頃には閉店真近でしたが、後客が続々と。お陰で券売機前は私達の食べてる前まで渋滞。
駅から徒歩15分強と辺鄙な場所(失礼)にありながらも集客力のあるお店と思いました。

 


三都屋
最寄駅:江戸川
料理:醤油ラーメン / つけ麺
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食