本郷通り沿い、東大赤門程近くの以前から気になっていたお店。
店舗外観は、黒い外壁に赤いテントの落ち着いた、というか割と目立つ外観。
店内の様子は入り口入って左に券売機の食券方式。変型コの字カウンター10席程。
外観と同じく、赤と黒基調の内装。

8e353ddfb3323787-o

「あれれ?日曜定休じゃなかったの?」と思いつつ、日曜の午後3時位に訪問。
先客は2名。

黒味噌味玉らーめん800円を頂きました。
サービスでライスが付くようで、コチラもお願いしました。

4a6ff6c4f9324d69-o

麺の到着を待つ間、お冷をグビグビ。

このお冷、ポットに炭が沈んでいる物。最近ではあまり珍しくは無いですが、炭にコダワリがあるんですね〜。あと、このコップ。店名が入っているんです。コチラは最近見ないなぁ〜。割とフツウなんですかぁ?

なんだかとっても洗練されている感じがします。

 

さて、ラーメン。

黒味噌味玉







麺は中太ちぢれ麺、茹で加減普通。
スープは豚骨、鳥ガラ主ベースに竹炭を混ぜた黒味噌ダレを合わせたもの。
なので見た目は真っ黒なスープ。表面に結構な油膜、焦がし葱が浮きます。
具はチャーシュー、味玉、糸唐辛子、葱、玉葱、挽肉。
丼の色は赤。

頂いた感想は、見た目のインパクトとは裏腹に、味噌の香ばしさ、
玉葱と挽肉由来の甘さ、隠し味のニンニクが、それぞれがちゃんと効いている濃厚なスープ。
麺のコシはまあまあで、スープに割と絡みます。
具の味玉は、味噌に負けてか判りませんが、凄く薄味の物。黄味は半熟トロトロ。

丼の赤、スープの黒、そして最上部に乗せられた糸唐辛子のコントラストは、なんとも見事な物でしたが、頂いた後の満足度としては、極々真っ当な味噌ラーメンの範疇と思いました。
いや、美味しかったんですけど、もっとキワ物的(良い意味で)な一杯を期待していただけに、ちょっと拍子抜けな訪問になったというのが正直な気持ちだったりします。


初代 けいすけ
最寄駅:本郷三丁目
料理:ラーメン一般 / 味噌ラーメン
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食