春







新仲見世から曲がった路地にある、釜飯の元祖と云われるお店として有名。
店内は広く、浅草観光の団体さんも利用する程のキャパ。

 

休日の午後4時頃に訪問、1階奥の座敷に通されて

あさり釜めし1,050円と赤だし330円を注文。

あさり釜めし







20分程で釜めし到着。出汁を使わず、タレと具材だけで炊き出すという釜飯を、試しに表面の部分だけ頂くと、すっきりとした醤油の染み具合も優しい感じの味わい。
今度は、旨味がしっかりと抽出された釜底部分を、しゃもじで混ぜ混ぜしながら頂くと、物凄く凝縮されたあさりの風味が、口一杯にブワ〜ッと広がる美味さ。
出汁を使っていないのが、ご飯の染み具合の疎らさにも実感出来ます。

あさりの風味と程よい醤油の味付けで、じわ〜っと優しい感じの美味さ。


赤だし








また赤だしも秀逸。濃厚な赤だしの中に賽の目切りの豆腐となめこ。
これがまた、釜めしと相性抜群!。釜めしのあっさりした美味さの切り替えで、赤だしのコクのある美味さの相乗効果。釜めし注文の際には必須アイテムです。

余計な味を加えていないのが功を奏して、食後もクドさの残らない、あっさりした美味さの一品でした。

平らげてみると、結構な満腹感。そりゃそうだ、この店の前に『吾妻橋薮』で蕎麦をやっつけたばかりだったんで。

いかにも観光地の食事処、という感じで賑やかで落ち着きのない店内でしたが、じんわり美味しい釜めしが頂けるお店です。

 

釜めし春
最寄駅:浅草 / 田原町
料理:釜飯・炊き込みご飯・混ぜご飯
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食