一代店頭日暮里駅から徒歩5分程、尾久橋通り沿いにある煮干が売りのお店です。

店舗外観はいかにも和風という店構えに黄色と白の提灯。
店内も木造りの落ち着いた内装。
入り口右脇に券売機、カウンター7席程。
2階には座敷?もあるそう。

休日の昼に訪問、先客は2名。
厨房内には店主と思われるご主人1人での切り盛り、
フロアには女性店員さん、食券を買っている時にジッとボタンを見つめられ、ちょっとプレッシャー(笑)。

メニュー構成は煮干し醤油とか味噌とかつけ麺とか色々ありましたが、定番と思われる、煮干し醤油らーめん600円を太麺でお願いしました。
(券売機にて太麺か細麺かを選択可)

一代麺は中太平打ちちぢれ麺、茹で加減割と固め、スープは薄茶に背脂が浮いてます。
具はチャーシュー、海苔、なると、メンマ、葱。

 

頂いた感想は然程強くない煮干し出汁と動物系(豚、鳥?)の相性もバランス良く、あっさりの中にほんのりとコクを感じられます。
平打ちの麺も良い感じの食感。具は割に平凡。

割と出店が増えてきた日暮里界隈、営業時間的にも割と使えるお店と思います。

にぼしラーメン 日暮里一代
最寄駅:日暮里 / 三河島
料理:ラーメン一般
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食