今日(1月14日)は所用で浅草へ。ロックスにクルマを止め、妻とムスメは待機。
あいにくの大雨なんでウロウロする事なく用事を済ませる。いや〜、用事といっても当たり馬券換金だけなんですけどね。

その後、遅めの昼食を食べに蔵前方面へ。私も妻も既にラーメンモードなんで話は早い。

数軒の店舗を伺うけど、なんかピンと来ない、どっか良い店ないかな〜等と考えつつ、クルマは神保町方面へ。数軒の目ぼしいお店を気にするけど、何処もカウンター席のみの狭い造り、子連れには厳しい店構え。そんなんで水道橋を通り過ぎ、ドーム横へ。この辺りは以前勤めていたので非常に懐かしいな〜等と思っていたら、昨年その会社の上司だった人に貰ったメールを思い出した。その内容は「○○(会社名ね)、潰れたらしい」という物。訳アリで退職、転職した訳だけど、そんなに嫌いな会社じゃなかっただけに、やはりちょっと寂しい。でも元勤務地の現状を確かめるべく、見慣れた道を所在地方面へ。

会社前に到着。テナントの入っていたビルは、当たり前だが以前のまま。ビル前の看板にはまだ社名が残っているけど、外から見た窓にはガランとした空間が見える。やっぱりホントだったんだ…。だけど不思議と、寂しさよりもサッパリした、っていう感じのほうが強かった。此処で得た人脈は、今でも繋がってるしね。

そんな寄り道をして、クルマを本郷3丁目方面へ。この辺りは会社に近く、ランチタイム、飲み会に凄く活用した地域。だから数年前までの事情は判っているんだけど、最近はサッパリ。ただ本郷通り沿いにラーメン店が数店新規出店してるっていうのは知ってて、この地訪問もその内の一軒が目当て。

本郷通りに出ると、大雨のせいもあってか、結構な渋滞。右車線にいたためか、目当ての店舗の前を通り過ぎても、どうする事も出来ず。結局白山のほうまで持ってかれて、白山通りへ。

リトライしようと、交差点を左折したところで見つけたお店が

「信濃神麺 烈士洵名」というお店。

なんか気合の入ったゾクみたいな名前だけど、以前からちちょっと興味があった。此処にあるとは知らなかったんで、偶然の出会いっす。

これも何かの運命と、本郷通り沿いのお店はトットと諦め、このお店で食べる事に。


信濃神麺 烈士洵名1














白山通り程近くの黒塗りの外壁、白い暖簾に赤ちょうちんが目印のお店。

店内の様子は入り口右手に券売機、左に4人掛けテーブル席×2、カウンター3席。
店舗奥にも席があるのかも知れないですが未確認。
アルコールメニューも充実、券売機に無い商品はキャッシュオンデリバリーで。


73d0105bb447e638-o

らーめん(大麦焙煎麺指定)とチャーハンのセット890円を頂きました。

麺は平打ち中太麺、大麦100%使用という事で今まで食べた事の無い味わい。
風味も豊かで食感も独特。ラーメンの麺というより、フェットチーネというような感じ。
大麦のみの麺故か、腰が弱いというよりも、つなぎが弱めで非常に歯切れが良い。
スープは鶏ガラ、豚ガラの動物系と数種の魚の魚介系、昆布系のトリプルスープ。
第一印象は塩と言われても通じるような醤油色弱め、どちらかといえば黄金色に近い。
表面に油膜が張ります。
上に乗る具は、チャーシュー、海苔、エリンギ、シメジ、葱。

チャーハンは割と濃い目の醤油色、具は卵、葱、豚肉。タクアンが付きます。

頂いた感想は前述の通り、麺の食感の面白さが強く、スープとの相性も良好。
スープも最初は薄いかな?と思いましたが、飲み進めると、トリプルそれぞれの出汁の風味が感じられて
後引く美味さ。具も効果的、平均的に美味かったです。

特徴のある麺に、和風出汁のトリプルスープ。かなり面白い一杯でしたが、好みは別れそう。

後から来た一人客のオジサンが、焼肉定食を食べてました。
メニューにあるから別にいいんだけど、らーめんも食べようよ(笑)、でも美味そうでしたけど。


信濃神麺 烈士洵名
最寄駅:春日 / 後楽園
料理:ラーメン一般
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食