めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

※2004-09-27 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★☆ 4pt

基本的に甘い物が苦手な私でも、ここの桜餅なら美味しく頂くことができます。
場所的にはとても不便な所にありますが、あの桜の葉の香りを求め足が向いてしまいます。
葉の塩加減と餡の甘さが程よいので、ここの桜餅だけは葉も一緒に食べます。
春の節句の頃だったと思いますが、予約のみの販売になってしまうので確認してから行ったほうが良いかもしれません。
目と鼻の先にある『言問団子』もよいですが、この桜餅も訪問先に喜ばれる一品です。
ただし、時間が経つと味が落ちるのでその日のうちに食べた方が良いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※2004-09-26 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★☆☆☆☆ 1pt

この店の何が苦手かというと、自分の店に対しての味の自信を持っていないと言うところ。
味の調整を客に選ばせて、不味かったら「選んだ貴方の責任ですよ」って言える逃げ道を作ってる様に思えてくる。
私が例えば、他のラーメン屋で麺の茹で加減や、味の濃さなど聞き入れて貰えるのならば、まず店にとって自信のあるスタンダートで頂いてから店の許容範囲内でカスタマイズしてもらうだろう。
化調にしても他のラーメン屋の様に、旨くする為の最低限の投入とは感じられ無かった。

※2004-09-25 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。

総合:★★★☆☆ 3pt

昨年の開店当初、辛味つけ麺(中盛)を食べました。
麺は太くてやや平たい麺で、他の方のコメントにもあるように水気を多く絡ませてあるので、弾力もあるけどツルツルしていて食べ易く感じました。
つけ汁は私の好みである辛、甘、酸のバランスも良かったのですが水気の多さが仇となり、最後にはスープ割りの要らない位薄まりすぎたのが少し残念でした。
それでも美味しいお店です(内装もいいし)。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※2004-09-25 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★☆☆☆ 2pt

ビールはさすがに美味しいですが、サイドオーダーが高値設定なので、長居すると高く付きます。
料理の味自体もあまり大した事はないので、軽く飲みたい時に利用します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※2004-09-25 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★☆ 4pt

前々から気になっていたお店の一つでしたが、ようやく本日(9.25)食する事が出来ました。
お昼時を少し外した1時過ぎに訪れましたが、2組3名の方が順番待ちをしていました。
15分程待ち、カウンター席に通され、神名備そばとおにぎりを注文。
カウンターは席の間隔が広く採られ、窮屈感はありません。
10分位で期待の神名備そばが運ばれてきました。
店主の意向を尊重して(店内に神名備そばに際しての注意書き有り)、まずはスープから頂きました。
丸鶏が主ベースと思われる黄金色で澄んでいるスープは、塩味ですっきりとしています。麺は卵麺の細麺。
やや固めに茹でてあるのでコシの強さが感じられます。具は薄ピンク色の焼豚が4枚。スープに合わせ薄味にしていると思われる。
練り物を薄焼き卵で巻いたものも、間に巻かれた紫蘇が効いてる変り種の具で面白い。貝割れもこのスープに自然と馴染む。
麺、スープ、具、それぞれが相性抜群で無理なくスープを飲み干せてしまう一杯でした。月替わりのおにぎりもおいしく頂けました。
9月のきのこはもう終わってしまったみたいで鶏五目でした。次回は醤油か塩を食べてみたいと思います。

追伸:神名備そばに際しての注意について、個人的に解釈すると、
・デフォルトで(何も調味料をいれず)食べて欲しい・スープは残さず飲んで欲しい・脂分は殆んど無いので、物足りない方は醤油、塩を頼んだほうがいいという事が御主人のお願い(強制ではない)だと思います。薄味が好みの方には特にお勧めの良店です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ