めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

※2004-09-27 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

JR日暮里駅北改札西口を出てすぐ近く。
日暮里から谷中霊園辺りまでの散策を楽しんでいる人達でいつも混んでいるので、平日、休日を問わずだいたい相席になります。
ここの蕎麦は、白い更科の細麺で喉越しがよく辛目のおつゆにちょいと付けて一気に吸い込むのが美味しい。
席につくと出てくる“蕎麦茶”も嬉しい。
店内は沢山のメニューがぶら下がり、
酒の肴(各種/玉子焼、鴨たたき、はも板わさ、かき揚げ等500円〜)も充実してます。
季節の変わりそばの中で、私のお気に入りは夏のおそばの「香りそば=1000円」です。
暑くて食欲のない時でも、大根おろしに紫蘇やミョウガ等が入ったこの冷やし蕎麦なら、さっぱりと頂く事ができます。
ただ、量的に少ないのでここを出た後は“夕焼けだんだん”を下った辺りのお惣菜やさんで買い食いをしてしまう確立が高いかな…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※2004-09-27 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★☆ 4pt

ざるそば(650円)を頂きました。午後5時位の訪問でしたが、店内はほぼ満席。テーブル席の先客に、席を詰めて頂いて着席しました。
5分程して運ばれて来たざるそばは、ざるを逆さにして盛られたもので、量的には少なく感じましたが、固茹でされたもので喉越しも良い物でした。
つゆは非常にしょっ辛く、本当にチョコンと付ける程度でないとそばの風味が楽しめない程に濃いものです。
そば湯で割って一般的なつゆの濃度に成るぐらいの濃さです。
平らげるまで5分と掛かりませんでしたが、間食のつもりの訪問でしたので、そばの旨さを楽しめました。
店の中の雰囲気も悪くないし、店員さんの接客も良かったです。
歴史のある大人のファーストフードという感じのお蕎麦屋さんです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※ 2004-09-27 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★☆ 4pt

美味しいアナゴが食べたくなった時、頭に浮かぶお店です。
千駄木駅を降りて団子坂下から谷中へ向かう坂を登って行くと、下町風情たっぷりの店構えのすし屋さんが左側に見えてくる。
それがこの“乃池”です。
江戸前のふっくら煮上がったアナゴは口に入れた途端にとろけます。
タレも丁度良く、なんとも絶妙なアナゴの香ばしさを消すことなく、とてもバランスが良いです。
にぎり寿司(上にぎり=1900円)も、新鮮で美味しいので友達等二人で行った際には、お腹と相談してにぎりを一人前ずつ頼み、アナゴ寿司一人前を二人で食べたりします。
テイクアウトもでき、時間が経っても味は落ちません。

※2004-09-27 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★★☆ 4pt

基本的に甘い物が苦手な私でも、ここの桜餅なら美味しく頂くことができます。
場所的にはとても不便な所にありますが、あの桜の葉の香りを求め足が向いてしまいます。
葉の塩加減と餡の甘さが程よいので、ここの桜餅だけは葉も一緒に食べます。
春の節句の頃だったと思いますが、予約のみの販売になってしまうので確認してから行ったほうが良いかもしれません。
目と鼻の先にある『言問団子』もよいですが、この桜餅も訪問先に喜ばれる一品です。
ただし、時間が経つと味が落ちるのでその日のうちに食べた方が良いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※2004-09-26 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★☆☆☆☆ 1pt

この店の何が苦手かというと、自分の店に対しての味の自信を持っていないと言うところ。
味の調整を客に選ばせて、不味かったら「選んだ貴方の責任ですよ」って言える逃げ道を作ってる様に思えてくる。
私が例えば、他のラーメン屋で麺の茹で加減や、味の濃さなど聞き入れて貰えるのならば、まず店にとって自信のあるスタンダートで頂いてから店の許容範囲内でカスタマイズしてもらうだろう。
化調にしても他のラーメン屋の様に、旨くする為の最低限の投入とは感じられ無かった。

このページのトップヘ