めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

※2004-11-21 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

四谷の『支那そば屋 こうや』の支店というか暖簾分けのお店です。
この店の程近くに勤務していた時に訪問しました。
店名や看板の文字やジャズの流れる店内の雰囲気等に、こうや系と感じる事が出来ます。
雲呑麺を頂きました。
スープは塩辛さと豚骨、鶏ガラ系のコクを感じる独特の物です。
見た目は塩、でも食べ進めていくと醤油が感じられ、頂いた後はやっぱり塩かも?という感じのスープでした。
塩気の強さからスープまで完杯はしませんでしたが、それでも食後は喉が乾きました。
具の小海老の入る雲呑は個人的にごく普通の物と感じました。
昼時には数人の行列が出来ている事も。近隣で働く方に人気のあるお店です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※2004-11-15 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

以前、仕事の残業後に『千石自慢』目当てで巣鴨に向かいましたがあまりの空腹振りに行列に並ぶ気が起きず、少々足を延ばし支店のこちらに伺いました。
一見クドそうな背脂の浮く東京豚骨ですが、午前零時過ぎまで夕食抜きの空きっ腹にも関わらず、翌朝胃もたれする事なく過ごせました。
スープと太麺の相性も良いし、チャーシューも旨かった。本店にもかなり近い味と感じて満足の一杯を頂けました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※2004-11-11 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

根津の行列の絶えないたい焼き屋さんです。本日、御土産にて頂きました。
焼き立てから少なくとも30分は経過している状態にも関わらず、薄めの皮にパリパリ感が残っており、尾っぽの端まで詰まった餡はあっさりした甘さに感じられる上品な味と思います。
甘味は久しぶりに頂いたのですがお茶受けに食させて頂き、かなり落ち着けました。
多少冷めても美味しく頂けたので焼き立てを食してみたいと感じた1品でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※2004-11-03 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

昨年、このお店の近隣に住んでいる友人が行きたい店がある、というので訪問しました。
店に到着、やたら賑やかなこちらの看板(野球選手とお相撲さんが書かれている)をみて脱力。
内心「大丈夫かよ?」と思いつつ中に入り店内の壁を見渡すと、至る所に「ハッスル!ハッスル!」(笑)。
店内の麺物のメニューはすべてハッスル○○ラーメンと表示されていて右も左もハッスル!です。
声に出して注文するのがやや恥ずかしったのですがスタンダートのハッスルラーメン550円を頂きました。
豚コク(コクのある豚骨スープ)と言うオリジナルのネーミングのスープですが様は背脂の浮く東京豚骨。
麺もスープも滅茶苦茶旨い!という印象では無かったのですが、ちゃんとまとまっている一杯と感じました。
コストパフォーマンスもかなり高めではないのでしょうか。
小川並みにハッスルしたい人にもお勧めです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

※2004-10-30 東京グルメにクチコミ投稿した記事です。
当該サイト閉鎖により転載しました。


総合:★★★☆☆ 3pt

本日(2004年10月30日)午後4時頃訪問、雨の為か先客は居ませんでした。
食券方式で機械の前で選択しようとすると、店主らしき方が「支那そばがお勧めですよ」と仰るので迷わずその意見に乗る事に。
支那そば650円とトッピングで味玉100円を頂く事にしました。オープンしてまだ1年程みたいで店内は明るく清潔感があります。
大きめの厨房を見渡せるスツールのカウンター席が8席、テーブル席が10席程。
接客応対も丁寧でカウンターに着席すると、目の前にボウルに盛られた無料のキムチと、水差しを置いてくれました。
キムチを頂きながら店内を観察すると、壁に麺やスープについての拘り書きがありましたがあまり覚えていません(笑)。
醤油も味噌も豚骨と魚介のWスープだそうですが、支那そばはアゴ主体の魚系と何か(香味野菜系?)Wスープの様です。
麺は茹で上げをタイマーできっちり時間管理しています。
具も盛り付けられ、カウンター越しに受け取ろうとすると、わざわざ厨房からカウンターまで運んできて頂けました。
物凄く低姿勢、丁寧です。
麺は細若干ちぢれ麺。やや柔目の感じがします。
スープは半透明ですっきり、塩気もあまり感じず優しい物です。
トッピングは5ミリ厚焼豚、メンマ、ナルト、岩海苔、そして半玉の味玉が3個。
あれ?やっちゃいました。味玉、他の品は判らないですが支那そばにはデフォで1個入っています。
テーブルの上のメニューにも注意書きがありましたが気付かず、後の祭りです。
スープを頂いた感想は雑味を丁寧に取り除いたと思われる感じで魚も強くは伝わらず。
麺は細麺の割りにコシも感じられ、スープとの相性も良い物です。あと岩海苔。このスープに凄く合うと感じました。
食した感想はと言うと、スープの雑味を丁寧に取り除いたと思われる事が仇となり、このお店のこの味という個性を消してしまっている様な感じが個人的にしました。
旨いのですが、何時間か経つと忘れてしまうような感じといえば伝わるでしょうか?。
とは言え仕事ぶりは真摯、接客も親切丁寧の御主人には非常に好感を持てて、気持ちよく食せた一杯でした。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ