めぐりあいズゴ

東京のリアル下町の一角、堀切菖蒲園を中心に 足立ナンバーエリアを徘徊しまくる高純度アダッチ・カツシカンブログ。

この記事のちょっと続きです。

立石坦担麺火のきに行った後、そーいえばどっかで立石の吞んべ横丁関連のお店が閉店してるって記述を見たのを思い出し、ちょっとその辺りを覗いて参りました。

IMGP9570

ここがそのお店だったんですが、残念ながら先の記述通りに閉店してました。

IMGP9569

店頭には閉店のご挨拶の紙が貼られてたんですが、それによると昨年末の閉店だったようですね。
21年間の営業、おつかれさまでした。

一応ひととおり、横丁の様子も伺ってきました。

IMGP9568

雲ひとつない快晴のまっ昼間なのに、横丁の薄暗さは相変わらずです。

IMGP9567

雲ひとつない快晴のまっ昼間なのに、営業してる形跡のあるスナックが数軒あって、で、すでに酔客がいるっていうのも凄い。

IMGP9566

ロナ君に連れてってもらったおでんやも健在。

IMGP9571

この日は自分らと同じように、この地を見学している人もチラホラいました。

IMGP9573

ツッコミ見どころ満載ですもんねー、この辺り。

IMGP9572


IMGP9575

この横丁と、その奥に見えるマンションの対比がなんとも。

IMGP9574

やっぱこの看板渋いなー。

IMGP9576

先のおらんだ亭閉店は再開発に向けた動きの一環という感じっぽくて、で、横丁のほうも心配になって見に来たんですが、直ちにこの景色が変わるっていう感じではないっぽいので安心しました。
でも、この光景を目に焼き付けたいって人は、あんまりのんびり構えてないほうが良いかもね。


おまけ

IMGP9577

レクチャーが厳しいオバちゃんを想像しながら見る、「酔てる」の記述がなんだか微笑ましいw。



人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回ポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今日は節分でしたね。
そろそろ年の数だけ豆を食べるというのが辛くなってきました。
子供達は「沢山食べられていいなー、いいなー」とか言うんですがw

そんな節分とは全然関係ないカップ麺ネタを。

日清からリリースのカップヌードルの新作、カップヌードル抹茶。
ちょっとどーなのかな?と思ったんですが実食する機会があったので食べてみました。

IMG_1508


パッケージからしてキワモノ的な匂いのするカップヌードル抹茶ですが、お湯を注いだ後の出来上がりの絵面は更にキワモノ臭が増してくる量産型ザクみたいな抹茶色。

IMG_1509

公式の商品紹介によると、最初から薄緑色になっている麺は茶そばをイメージしたんだとか。

でもそのお味は意外や意外、シーフードヌードルを更にクリーミーにした物という感じで、肝心の抹茶感はあんまり感じられず、食べ進めていくうちに、かなり遠くにその存在を実感する効かせ具合といった感じ。
正直、通常のシーフードヌードルより美味しく感じられました。

キワモノ的なジャンルでも流石の日清、上手くまとめてきますねー。
機会があったら是非試してみて下さい。



人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回ポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

立石の駅前商店街、有名どころだと鳥房の並びに昨夏オープンした担々麺のお店。

IMGP9555


店内の様子はL字カウンター8席程度。厨房内の店主さん、ワンオペのご様子。

店内入口脇に券売機がある食券方式。
看板商品の立石担担麺はもつ焼き激戦区立石らしく、担々麺の上にもつ焼きが乗った魅力的なメニューなんですが、そちらは残念ながら夜限定という事で、基本メニューの担担麺(800円)のボタンをポチッと。

丼の到着を待っている間もお客さんへの声かけを忘れず、テキパキと作業をこなす店主さんの動きが良いですねー。
店主さんは麺屋武蔵、それと同じ葛飾区内のお店、麺心國もとでの修業経験があるとか。

丼のサーブ時にも丼が熱いので下まで置きますとカウンターまで置いてくれるという配慮が。


さて、担担麺。

IMGP9556

麺は中細ストレート、茹で加減固め。
スープは茶濁の動物系に赤のラー油が表層に浮きます。
具は味付け挽き肉と青葱。

まずはスープから頂きます。

ベースとなるスープは動物系の出汁感を感じさせるしっかりしたもの。
飲み進めていくうちに段々と伝わってくるのはラー油の辛さと山椒の痺れる感覚。それに控えめな芝麻醤と胡麻の風味。

麺はエッジを感じさせる程の茹で加減で、ザクザクとした食感も自分好みな物。
スープとも良く絡みます。

IMGP9560

具の挽き肉は味付けも良くブチブチした食感も心地よく、ついついレンゲでサルベージしちゃいます。

IMGP9558

頂いてみれば汁まで完飲してしまうほど、カラシビが後引く美味さの一杯でした。


普段は子連れでラーメン行くんですが、この日は子供達は学校、自分達は休みという感じで、普段行けないお店に行こうという事でこのお店を選択したんですが、その選択は正解で丼の辛さ的にもお店の規模的にもココは子連れだと厳しそう。

次回訪問時は隣の人が頼んでいた、これまた美味そうだった汁なし担々麺を食べてみたいですね

立石担担麺 火のき担々麺 / 京成立石駅青砥駅
昼総合点★★★★ 4.0



人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回ポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

毎年の事なんですが、その年の最初に頂く一杯っていうのは割と特別な位置付けというか、大袈裟にいったらその年の一期一会ならぬ一期一麺も左右するんじゃねーかな?っていう感じなんですよねー、個人的に。

で、その最初の一杯目を頂いたのはコチラ。

喜多方ラーメン坂内 小法師 曳舟店。

IMGP9504


位置的には東武亀戸線曳舟駅のすぐ側、ヨーカドーの対面に在るお店。
実はこのすぐ近くのお店目当ての訪問だったんですが、残念ながらそちらはお正月休み。
で、前々からその存在は知ってたんですが

IMGP9505


坂内はその昔食べた事があるようなないようなうろ覚え状態なんですが、小法師は初めての訪問。

白と黒を基調の蔵造りっぽい内装にフランチャイズ然としたポップや本店の写真のパネル等が貼られてます。
店内はカウンター席が8席と4人掛けのテーブル席が4卓。

メニュー構成は 多岐にわたり塩ラーメンや味噌ラーメンがあったり。
餃子もあったりします。

卓上の調味料はこんな感じ。

IMGP9506


で、本丸の到着を待つ事5分弱。
家族の頼んだメニューが続々とテーブルに運ばれていきます。

IMGP9507


ラーメン(650円)

麺は平打ちのちぢれ麺。
見た目からしていかにも多加水という印象通り、ツルツルした舌触りで喉越しのよい麺、茹で加減は普通。

IMGP9511


スープは薄醤油色の澄んだ感じのもの。
動物系と魚介系、どちらもほんのり感じられるライトな味わい。

IMGP9510


具はチャーシュー、メンマ、葱。

IMGP9512


ちょっと味変したくてコショーをひと回ししたら好みの塩梅に。

特にこれといった強い印象は残らないけど、食べ手を選ばない安心感のある一杯でした。ごちそうさまでした。



人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回ポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

また久々の更新になってしまいました、スイマセン。

大寒波がやって来るという事で、お昼時に粉雪が舞う位に寒かったこの日、ちょっと食でも暖を取ろうと家族で向かったのは足立区東和の銀座きもり。

BlogPaint

常々訪問したいと思っていたんですが、割と間が空いちゃってて、で、随分と久しぶりの訪問になってしまいました。

で、子供達が頼んだのは2人共にとりそば。

IMGP9547

ずーっと頂いてますからねー、子供達にとっては定番的な美味さの一杯なんでしょう。
滋味深いって形容が正にピッタリな、鶏ガラの出汁がじんわり効いてる優しい一杯。

妻は正油こってり麺。

IMGP9545

今は亡き亀有某店の醤油こってりに限りなく似ている一杯で、この日もちょっと頂いたんですが、やっぱり似てるんですよねー、あの頃のあの味に(モヤっとした表現でスイマセン)。
ちなみにこの日におすそ分けを頂いた子供達2人共、「今度はこれを食べるから注文するのを覚えといて!」って言ってたけど、只でさえ忘れっぽくなってる昨今、そんな約束は出来ないのでw備忘録的に記しておきます。

そして私の注文はというと、自分にとっての「銀座きもり」のド定番といえばコレ!なニララーメンを。

IMGP9549

相変わらず口中刺激度マックスな赤いスープ。

IMGP9550

相変わらず啜りどころが難しい、スープに良く絡む中細ちぢれなボソボソ麺。

IMGP9552


もちろん、ライスドボン用のライスも注文して。

IMGP9544

麺をあらかた平らげてからのメッシ投入もいつものルーティン(ピンボケなので画像なし)。
辛さ耐性が落ちてたのか、割とヒーヒーしながら頂いたんですが、やっぱり辛さ一辺倒じゃない美味さがあるんですよねー、この一杯。

久々の訪問でしたが、相変わらずの美味さな一杯でした。
今年はもうちょい訪問頻度を上げたいですねー。
そして今年の夏あたりには「きもり飲み」を実現したいですねー、ごちそうさまでした。







人気ブログランキングへ 

↑私のやる気スイッチ、1日1回ポチして頂けたら、こんなに嬉しいことはないです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 足立区情報へ

↑コチラも頑張ってます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ